FC2ブログ

iPS補助金問題

iPS細胞事業の補助金をめぐる問題で、
厚生労働省の大坪審議官は19日の国会で、
「京都大学の山中教授とコミュニケーションが
不足していたことを反省している」などと
述べたそうです。

この問題は去年8月、和泉総理補佐官と
大坪審議官が京都大学の山中教授に対し、
iPS細胞事業の補助金削減を通告したと
されるもので、大坪氏はこれまでの
国会審議で、これを否定しています。

19日に行われた衆議院の委員会の
理事会には内閣府の平副大臣と大坪氏が
出席し、野党側の説明によりますと、
両者は「山中教授との間でコミュニケーションが
不足していたことを率直に反省している」と
述べました。

また、山中教授は、去年8月の面会について
内閣府にファックスで回答し、
「政府の支援が打ち切られる可能性が
高いものと受け止めた」
「既定の方針の通告であり、この段階で
変更できるものではないと受け止めた」
などと訴えました。

野党側は引き続き、この問題について
追及する方針だそうです。

こういうのは大事です。
何故、補助金が減少するのかの説明が
必要です。
オープンにすべきですね。
野党は、日本にとって、大事なことを
追求すべきです。

野党は、税金が日本にとって正しく使用されて
いるか、チェックする責任があります。


それが野党です。
スポンサーサイト



プロフィール

ken

Author:ken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク