FC2ブログ

米国当局

2019年に米国当局は同盟を
組む国々に対し、5G通信インフラの
構築にHuawei製品を使用しないよう
説得したそうです。

その根拠はHuawei製品には
中国政府の要求に応じて密かに
モバイルネットワークにアクセス
できるバックドアが仕込まれていると
いうものだそうです。

ただ当局は、その根拠となる証拠を
公にすることについては「必要ない」として避けてきました。

しかし、米国国家安全保障問題担当
大統領補佐官のロバート・オブライエン氏は
2月12日付けのWall Street Journalに対し、
「われわれの手もとには、Huaweiが世界中で
販売またはすでに使用されているシステム内の
機密情報や個人情報に密かにアクセスできると
いう証拠があります」と述べています。

ネットワーク機器メーカーは通常、
顧客であるキャリアの許可なく
アクセスできないように機器を設計することを
求められます。

しかし、米国当局はHuaweiは
キャリアに関係なく密かな自社製品への
アクセス方法を保持していると考えているそうです。

半分本当で、半分はわかりませんね。
今の中国からのササイバー攻撃も、
バックドアの可能性があります。
世界中に中国製品がありますからね。

可能性は大きいでしょうね。
スポンサーサイト



プロフィール

ken

Author:ken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク