FC2ブログ

就職偏差値

大学の価値は入試の難易度(偏差値)
という「入り口」のハードルの高さだけでは
測れない。

社会で活躍する人材を育てる
役割が大学にあるとするならば、
卒業生の就職という「出口」も重要。

出口の実績で全国の大学を
比較してみると、意外な結果が見えてくるそうです。

大学通信のデータをもとに、「就職偏差値ランキング」を
まとめたそうです。

データは、回答のあった541大学を対象に、
各大学で「有名企業」「国家公務員」
「地方公務員」への就職率を算出し、
偏差値に換算。それをランキングしたそうです。

有名企業は就職先として学生の人気が高く、
身分や給料の安定した国家公務員、
地方公務員になることは今や“勝ち組”
とも言われる。
このランキングからは、入試偏差値ではわからない、
大学の出口の実力が見えてくる。

ランキング上位には、入試偏差値では
トップの東京大学や京都大学、首都圏の
有名私大などではなく、地方の大学が
名を連ねる。

トップ3を占めたのは、国立の
教員養成の地方大学。上越教育大と
兵庫教育大、鳴門教育大は、
地方公務員への就職が8割を超え、
多くが公立学校の教員になっているそうです。

これはおかしいですね。
教育大学は先生の学校ですからね。
企業ではありません。
同じで並べるのはおかしいと
思いますよ。

スポンサーサイト



プロフィール

ken

Author:ken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク