FC2ブログ

スマートスピーカー

Googleが世界スマートスピーカー市場で
第3位に転落したそうです。

第2位の座を中国のハイテク企業で
ある百度(バイドゥ)に奪われたそうです。

中国市場のみを対象とするバイドゥは、
同国で膨大な数のスピーカーを
顧客に販売しているそうです。

市場調査企業Canalysが米国時間8月26日に
2019年第2四半期のレポートを公開したそうです。

Amazonが世界スマートスピーカー市場第1位の
座を維持した。

GoogleとAmazonは、スマートスピーカー
出荷台数で常に1位と2位を占めていたため、
「Google Home」の今回の結果は驚きだ。

バイドゥの同四半期出荷台数は450万台で、
Googleの430万台を上回った。
Amazonの出荷台数は660万台だった。

同レポートによると、世界のスマートスピーカー市場は
55.4%拡大し、第2四半期出荷台数は2610万台に
達したが、米国市場の出荷台数は610万台で
2.4%減少したそうです。

バイドゥは、中国国内ですからね。
本来の競争ではないですね。
人口が多いので仕方ないかも
しれませんね。
それにしても、中国の人口は多いですね。

スポンサーサイト



プロフィール

ken

Author:ken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク