FC2ブログ

電気自動車

電気自動車は寒さに弱いようです。

AAA(米国自動車協会:日本のJAFに相当する組織)は
極寒から猛暑まで温度調節が可能な施設の中で、
現在市販されている代表的な電気自動車の
航続距離が、外気温やエアコンの使用に
よってどれくらい変わるかをテストしたそうです。

すると、-7℃という低い温度の時に
エアコンを作動させた場合、外気温が
24℃の時に比べ、航続距離が40%以上も
短くなることが分かったそうです。

AAAが今回のテストに使用した車種は、
テスラ モデルS 75D、日産リーフ、BMW i3、
シボレー ボルト、フォルクスワーゲン
eゴルフの5台。

シボレー ボルトを除けば日本でも
普通に販売されているEVです
(テスラ モデルSの75Dは現在受注終了)。

AAAは、これらのクルマを南カリフォルニア
自動車クラブのオートモーティブ・
リサーチ・センターにある気温を
制御できる密閉された施設内に持ち込み、
最新のダイナモメーターを使って
現実の路上における走りをシミュレートしたそうです。

つまり単純な定速走行ではなく、米国環境保護庁が
燃費を試験する際に使うテストサイクルで、
市街地と高速道路、複合モードの
航続距離を計測したそうです。

-7度で、エアコンを使うと40%もバッテリーが
減るのですか。
走る距離が減るのは困りますね。
-7度は、東北や北海道です。
エアコンは必要ですね。

電気自動車もまだまだですね。
スポンサーサイト



プロフィール

ken

Author:ken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク