FC2ブログ

Xperia

ソニーは都内にて「2018年度 第1四半期 業績説明会」を
7月31日に開催し、2018年度第1四半期
(以下、Q1)の決算内容を公開したそうです。

子会社のソニーモバイルコミュニケーションズが
手がけるスマートフォン(スマホ)事業に
おいて2018年度通期の業績見通しを
引き下げたそうです。

ソニーモバイルコミュニケーションズは
「Xperia」シリーズとしてスマホ事業を
展開しており、今年4月に発表した2018年度
通期見通しでは1000万台を計画していたそうです。

Q1の出荷台数が計画を下回る200万台と
なったため、2018年7月時点における
通期見通しを100万台少ない900万台としているそうです。

またスマホ事業を含むモバイル・コミュニケーション(MC)
分野についてのQ1の業績は前年同期から
27%減の1,325億円となり、原因として
スマホ販売台数が主に欧州および日本に
おいて減少したことを挙げているそうです。

これにより、為替の悪影響も含めて通期の見通しに
ついても売上高は6,100億円に、営業損失は300億円に
それぞれ下方修正したそうです。

製品はよいのですが、競争が激しいですね。
アメリカ、韓国、中国メーカーに
勝つ必要があります。
価格の問題もあります。
何で優位にたつかですね。
スポンサーサイト



プロフィール

ken

Author:ken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク