FC2ブログ

スマホからPCへ

海外で10代の若者がスマートフォンより
PCに接する時間が増えているという調査結果があるそうです。

これは日本HPが新製品発表会で紹介した
数字で、米国、中国、ドイツのZ世代
(22歳未満)がミレニアル世代(23歳~28歳)に
比べて有意に増加しているという。

PCからスマートフォンへのシフトが
叫ばれて久しいが、それに逆行するような動きだ。

この調査そのものは、スマートフォン
ではなくPCの巨大メーカーであるHPが
行ったものであり、各世代の調査を別々に
行っているなど、そのままストレートに
受け入れていいのか慎重になる必要があるそうです。

とはいえ、同社がこうした市場データに基づき、
22歳未満のZ世代に向けたPCの商品企画で
業績を伸ばしていることを考えれば、
ある程度は信頼に足る「動向」「流れ」と
いえるそうです。

日本HPの分析では、Z世代は写真や動画を
自分で発信する利用者が多く、コンテンツ
クリエイションのためにPCを用いているの
だという。

コンテンツクリエイションには、
それなりの時間と手間がかかるため、
スマートフォンやタブレットではなく
PCを用いることが多い上、トータルの
接触時間が長くなるということだそうです。

面白いですね。
スマホに変わっていくと思いましたが。
また、PCなのでしょうか。

スポンサーサイト



誰だって波瀾爆笑

2008年10月にスタートした
日本テレビ系人気番組「誰だって波瀾爆笑」
(日曜前9・55)が終了することが
28日、分かった。

関係者によると、改編時期に
合わせるといい、来年3月にも
11年あまりの歴史に幕を下ろす。

番組は、1992年3月〜2008年9月に
放送された「いつみても波瀾万丈」の後番組。

フリーアナウンサーの堀尾正明氏(64)、
俳優の溝端淳平(30)、タレントの岡田結実(19)が
司会を担当するトークバラエティーで、
長く日曜の朝の番組として親しまれてきたが、
最近は視聴率で伸び悩んでいたそうです。

テレビを見る人が減っています。
マンネリ化もあります。
そして、他の番組が強くなっています。

やっぱり、時代に合わせることが
大切です。

ネットバンク

複数の公的機関やセキュリティベンダーが
2019年のサイバーセキュリティ動向の
まとめを公表したそうです。

ネットバンキングでの不正送金による
被害が急増しているそうです。

警察庁の発表によると、それ以前は横ばい
だった不正送金被害が19年9月から
急増して過去最悪の水準になっており、
その多くはフィッシングメールによる
偽サイトへの誘導によるものだそうです。

確かに14~15年にかけては、金融機関の
名前をかたったフィッシングメールを
送り付け、ネットバンキングのパスワードを
盗み取って不正送金を行う手口が横行し、
年間で30億円を超える被害が発生したことがあります。

しかし、金融機関側が業界を挙げて
対策に取り組み、二要素認証・二段階認証を
取り入れたり、利用者への注意喚起に
努めたりした結果、被害は減少に
転じました。

代わってAmazon.co.jp、Appleなどの
大手企業やECサイト、携帯電話会社を
かたってクレジットカード情報を
盗み取るフィッシングメールが増加したそうです。

対策しても、新しい手口が出てきます。
新しい情報を手に入れて対策しないと
いけません。

国民民主党

国民民主党の玉木雄一郎代表は25日の
記者会見で、立憲民主党との合流を
巡る幹事長間の協議に関し「根本の
ところで折り合っていない」と述べ、
難航していると認めたそうです。

立民の福山哲郎幹事長も年内に
こだわらない姿勢を示しており、
両党の合意は年明けに持ち越しとなる見通しだ。

国民の平野博文幹事長はその後の
党総務会で、協議に関し「約20項目で
意見を出し合っており、丁寧に議論を
積み上げたい。年内は難しい」と
強調した。
複数の出席者が明らかにした。

玉木氏は会見で「それぞれの立場を
主張し合いながら厳しい協議をしている」と
指摘した。

以前は、こういう人たちが、同じ民主党でやって
いました。
政策が違うのにね。

今回は、合意できないそうです。
野党は、まとまりませんね。
自民党には勝てませんよ。

強い野党が必要です。


Windows7のパソコン

日本マイクロソフト(MS)は24日、
来年1月14日にサポートを終了する
基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」を
搭載したパソコンが、国内でまだ約1500万台
利用されているとの推計を発表したそうです。

不正アクセスなどの被害を防ぐため、
OSの更新やパソコンの買い替えといった
対応を呼び掛けている。

推計によると、ウィンドウズ7のパソコンは
最近の半年間で500万台以上減ったものの、
企業や地方自治体などの法人で813万台、
一般家庭で679万台が使われているそうです。

国内で利用中のパソコン総台数に
占める割合は19%と見積もった。

サポート終了後はセキュリティー上の
欠陥を修正する更新プログラムの提供が
受けられなくなり、ウイルスに感染したり、
個人情報が盗まれたりする恐れが強まるそうです。

セキュリティの問題がありますね。
中小企業だと大変だと思いますが。

早急に新しいOSにする必要があります。

ASUSのスマホ

ASUS JAPAN(エイスース)です。

23日、昨年12月に発売した大容量
5000mAhバッテリーを搭載した
ASUSTeK Computer製のSIMフリー
スマートフォン(スマホ)
「ZenFone Max Pro (M1)」(型番:ZB602KL)
に対してより新しいプラットフォーム
「Android 9.0(開発コード名:Pie)」への
OSバージョンアップを含むソフトウェア
更新を2019年12月23日(月)15時より
順次提供開始するそうです。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)
もしくは携帯電話回線(LTE・3G)に
よるネットワーク経由(OTA)で実施し、
更新ファイルサイズは約1.56GBとなっているため、
Wi-Fiでの更新が推奨されます。

更新後のビルド番号は「PKQ1.WW_
Phone-16.2017.1912.060-20191125」。

対象モデルは日本市場向けの
「ZB602KL-BK32S3」(ディープシーブラック)
および「ZB602KL-SL32S3」(メテオシルバー)、
「ZB602KL-BL32S3」(スペースブルー)。

同社では今回のアップデートによって
Android 9.0 Pieになるほか、新しいナビゲーションバーに
よる操作や通知がより細かく
制御できるようになるなど、
パフォーマンスの改善、また多くの
新機能が使えるようになるそうです。

ASUSも頑張っていますね。
Abdroidも新しいですね。

日本企業にも頑張ってほしいですね。

中国の日本産牛肉

中国は22日までに、日本産牛肉の輸入を
一部解禁したそうです。

中国は2001年に日本でのBSE
(牛海綿状脳症)発生を受けて
日本産牛肉の輸入を禁止しており、
解禁は18年ぶりだそうです。

中国農業農村省と税関総署の公告
(19日付)によると、輸入が
解禁されたのは、生後30カ月以下の
牛の骨なし肉。

日本の茂木敏充外相は11月、
日中両政府が日本産牛肉の
対中輸出再開の前提となる
「動物衛生検疫協定」に署名した
ことを明らかにしていたそうです。

輸入が解禁になるのは
よいですね。
でも、また、停止する可能性も
ありますので、リスク管理は
必要です。

反日もあります。

限界集落

過疎地域にあり、65歳以上の高齢者が
住民の半数以上を占める「限界集落」は、
2019年4月時点で2万349になったそうです。

20日、総務、国土交通両省の
調査で分かった。

15年4月から約6千増えた。

生活利便性の低さなどから
若い世代の流入が進まないのが
主な要因。

一部は、住民がいなくなって消滅する
恐れが出ているそうです。

過疎法の指定地域がある814市町村に
アンケートを実施し、状況を調べた。

集落の総数は6万3156。
限界集落が占める割合は32.2%となり、
前回の22.1%から約10ポイント上昇した。

住民全員が65歳以上の集落も956あり、
うち339は全員75歳以上だったそうです。

若い人が移住や借りたりすることが
でき対策が必要ですね。
市町村は何もしていませんからね。

国家公務員の定年

政府は、国家公務員の定年を
60歳から65歳へ段階的に引き上げる
国家公務員法などの改正案について、
来年1月召集の通常国会に提出する
方向で調整に入ったそうです。

高齢者の雇用促進に取り組み、
安倍晋三首相の掲げる全世代型
社会保障改革の実現を図る
狙いがある。

複数の政府関係者が18日、明らかにした。

改正案は、60歳を迎えた翌年度から
給与を7割程度に減らして
人件費の膨張を抑制する仕組みを採用。

定年は2022年度から3年ごとに
1歳ずつ引き上げ、34年度に65歳と
する方針だ。

法案は与党の意見も踏まえ、
来年4月をめどに国会提出する
日程を描いている。

でもですね。
何の仕事をおこなうのでしょうか。

企業のように、大きくなっている会社で
あれば、よいですが、一緒の仕事を
やってきた人が何をやるのでしょうか。

技術があればよいですが。

UQモバイル

UQコミュニケーションズおよびUQモバイル沖縄です。

16日、au回線を借り入れて
仮想移動体通信事業者(MVNO)として
提供している携帯電話サービス「UQ mobile」
( https://www.uqwimax.jp )における
スマートフォン(スマホ)など向け料金プラン
「スマホプラン」において国内通話がかけ放題
(一部発信先を除く)の通話オプション
「かけ放題(24時間いつでも)」の
提供を2019年12月18日(水)より
開始するそうです。

スマホプランの音声通話は話した分だけ
支払う通話サービスに加え、これまで
通話オプションとして1回当たり10分までの
国内通話がかけ放題となる月額700円
(金額は特に記載がない限り税別)の
「かけ放題(10分/回)」と、1ヶ月の
国内通話が最大60分まで定額で利用できる
月額500円の「通話パック(60分/月)」が
提供されているそうです。

一方、他社では時間や回数といった制限が
ないかけ放題サービスが提供されており、
同社でも新たな通話オプションとして
国内通話がかけ放題となる月額1,700円の
かけ放題(24時間いつでも)を追加します。
これにより、利用方法に合わせて最適な
通話サービスを選べるようになるそうです。

いいですね。
選択肢が広がります。
格安スマホは、電話は結構
高いですからね。

グーグルのスマホ

Google Asia Pacificが運営する
日本向けGoogle公式Webショップ
「Google ストア」( https://store.google.com )です。

日本時間(JST)の2019年12月16日(月)
0:00から12月31日(火)23:59まで
SIMフリースマートフォン(スマホ)
「Pixel 3a XL」を22,000円OFFで
販売するセールを実施しているそうです。

これにより、通常61,160円のところ
39,160円となり、小型モデル「Pixel 3a」の
49,500円よりも安くなっています。

なお、このセールは数に限りがあるため、
在庫状況に応じてセール内容が
変更される可能性があるそうです。

アマゾンが、サイバーマンデーをやりましたね。
いろいろな企業が安売りを
おこなっています。

クリスマス商戦です。

消費者にとっては、よいかも
しれません。

米中貿易摩擦

米中両国は貿易交渉の第1段階の文書で
合意したと、中国商務省の王受文次官が13日、
北京での記者会見で発表したそうです。

米国は段階的に中国製品への
関税を削減するという。
トランプ米大統領は対中関税が
一部軽減されることを認め、
米中交渉は直ちに次の段階に
入ると述べたそうです。

同次官は合意の一環として、米国などからの
輸入を拡大すると表明した。
寧吉喆国家発展改革委員会(発改委)
副主任は、合意文書の内容はまだ
精査が続いているとし、農産物購入に
ついては後日詳細を発表すると語った。

トランプ大統領は12日に第1段階の貿易合意を承認。

合意に関する中国側のコメントは
これが初めてだった。
15日に発動予定だった米国の対中関税引き上げは
見送られ、世界経済を揺るがした
米中貿易戦争は緊張緩和に向けて
歩み出した。

トランプ氏は13日にツイッターで、
「非常に大規模な米中貿易協定の第1段階に合意した。
中国は多くの構造改革に同意しただけでなく、
農産品やエネルギー、工業製品などの大量購入にも
合意した。既存の25%関税はそのまま残り、
それ以外の多くには7.5%の関税を課す」と
述べたそうです。

どっちが勝ったのでしょうか。
よくわかりませんね。
トランプ大統領も来年の選挙が
あります。
中国も景気が減速しています。
よくわかりませんね。

グーグルの翻訳

米グーグルです。

12日、スマートフォンで会話をほかの
言語に自動的に翻訳できる新機能を
同日から世界で始めると明らかにしたそうです。

同社が強みを持つ人工知能(AI)
技術を使って44の言語に対応し、
無料で使える。

日本などで売られている
通訳専用機にとっては脅威となりそうだ。

グーグルが米東部時間12日午前10時
(日本時間13日午前0時)から機能を
追加したのは、会話型AIシステム
「グーグルアシスタント」上の
音声通訳機能だ。

例えば、アプリを立ち上げて
「日本語と英語の通訳になって」と
スマホに話しかけると、自分が話した
日本語は英語の音声に、相手が話した
英語は日本語に変換される。

新機能は、グーグルアシスタントに
対応したアンドロイド端末だけでなく、
米アップルのiPhoneでも、
アプリを導入すれば利用できるそうです。

すごいですね。
これが無料です。
どんどん技術が進んでいます。

ジャパンディスプレイ

経営再建中の液晶パネル大手
ジャパンディスプレイ(JDI)です。

投資顧問会社いちごアセットマネジメントから
最大900億円の金融支援を受け入れる方向で
最終調整に入ったそうです。

主要顧客の米アップルと、7月から
操業停止中の白山工場(石川県)の
一部設備を2億ドル(約216億円)で
買い取ってもらう交渉もしている。

崩れた金融支援の枠組みを立て直すため、
新たな投資家からの出資を受け入れ、
再建の糸口をつかもうとしている。

複数の関係者によると、JDIは
いちごからの金融支援の受け入れを
近く取締役会を開いて正式決定し、
発表する。
いちごはJDIに直接出資する意向を示しているという。

JDIは、いちご、アップル、香港の投資ファンドの
オアシス・マネジメント、台湾の電子機器受託製造大手
ウィストロンから計500億円以上の調達を
探ってきたが、いちごが出資額を大幅に
積み増す方向になった。
アップルの支援などが、いちごの投資意欲を
引き出したとみられるそうです。

早く、経営を再建する必要が
あります。
新しい商品が必要です。

赤字国債2兆円

政府が2019年度補正予算で
2兆円を超える赤字国債を追加発行することが
10日、分かったそうです。

企業業績が伸び悩み、当初予算で
見込んだ税収が大きく落ち込むことが
要因だそうです。

税収は前年度実績の60兆3563億円を
割り込む見通し。

年度途中に税収予想が下振れて
赤字国債を増発するのは3年ぶりで、
借金に頼った厳しい財政運営が鮮明になった。

19年度は税収増を織り込んで、
追加の借金に当たる新規国債発行額を
約32兆7千億円と、当初比で9年連続
減額する計画だった。

ところが、世界経済の減速により
法人税収が落ち込んだそうです。

支出をおさえないといけませんね。
特に医療費です。
多すぎます。
病院にいきすぎます。
高齢者の負担を増加するべきです。

コクヨとぺんてる

文具大手コクヨ(大阪市)によるぺんてる(東京)の
敵対的買収は9日、買い付けを終了したそうです。

ぺんてるの「ホワイトナイト(白馬の騎士)」
である同業のプラス(東京)は10日に
期限を設定して買い付けを進めている
ことから、コクヨは当初の期限としていた
15日を9日に前倒しして、早期決着を
図りたい考え。

コクヨは10日以降に結果を公表する見通し。

ぺんてる株を37.8%保有するコクヨは、
1株4200円で買い付けて過半数の取得を
目指している。
当初は3500円としていたが、その後に
価格を2回引き上げたそうです。

結果は、どうだったのでしょうか。
ぺんてるは、コクヨの買収を
反対していました。

日本では、敵対的買収は、
珍しいですね。

内閣不信任決議案

国会最終盤を迎え、立憲民主党などは
野党党首会談を開き、内閣不信任決議案に
ついて協議しましたが、結論は週明けに
持ち越したそうです。

野党党首会談では内閣不信任決議案を
提出するか協議しましたが、会期末の
9日に結論を持ち越しました。

否決された場合、「安倍政権が信任された」
とみなされ、「桜を見る会」をめぐる
問題などの追及が次の通常国会で
やりにくくなるとの指摘が野党内から
出ているということです。

これに先だって6日午後、立憲民主党の
安住国対委員長は自民党の森山国対委員長と
会談し、会期末の9日、衆議院に
40日間の会期延長を求める
動議を提出すると通告しました。
森山氏は「同意できない」などとして、
会期延長を拒否する考えを改めて示したそうです。

野党は覚悟がないですね。
桜をみる会の問題は、国民には
関係ありません。

本当に問題だと思うなら、内閣不信任決議案を
出すべきです。
安倍首相は、衆議院を解散したら良いと思います。

国民は、野党にうんざりしています。

ウイグル人権法案

中国政府は4日、少数民族ウイグル族を
弾圧する中国当局者に対する制裁を
目的としたウイグル人権法案を
米下院が可決したことに反発し、
対抗措置の検討に入ったそうです。

米議員の中国入国拒否や、
中国の人権問題を批判する
非政府組織(NGO)への制裁を
打ち出す可能性が取り沙汰されているそうです。

中国共産党機関紙、人民日報系の
環球時報は4日、法案に賛同した
米政治家や「事実をねじ曲げるNGO」を
リストにまとめ、入国拒否や中国での
活動規制といった制裁を加えるべきだと
主張する記事をニュースサイトに
掲載したそうです。

アメリカは、次から次へと法案を
可決しています。
これも、米中貿易摩擦の一つに
なります。

昔は、アメリカは、中国の内政干渉については
何も言っていませんでした。
今は、いろいろ言ってきます。

中国の対応が見たいですね。

OPPO A5

オッポジャパンが背面に4つの
カメラを搭載し5000mAhの
大容量バッテリーとリバースチャージ
機能を搭載したOPPO Mobile
Telecommunications(以下、OPPO)製の
SIMフリースマートフォン(スマホ)
「OPPO A5 2020(型番:CPH1943)」を
11月1日より順次発売しているそうです。

販路は量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者
(MVNO)などだそうです。

OPPOはカメラ機能に特化した自社の
スマホを「カメラフォン」とブランディング
することで世界シェアを大きく広げた
メーカーですが、本機もまたカメラ機能の
充実ぶりが最大の魅力となっています。

12月2日時点の単体販売での価格は
最安値で税込26,000円程度にまで
下がっており、非常にコストパフォーマンスの
良い魅力的な製品となっているそうです。

Qualcomm製チップセット(SoC)
「Snapdragon 665(SM6125)」
(オクタコアCPU、Adreno 615 GPU)
を搭載し、十分な性能を持った
メインストリームモデルという
位置付けとなっています。

安いですね。
これだけ安いと、購入しようかなと
思いますね。
Abdroidでしょうか。
注目の製品です。

医療費

政府は2日、医療制度改革で
焦点となっている75歳以上の
後期高齢者の医療費窓口負担に関し、2
022年に現在の原則1割から2割に
引き上げる方針を固めたそうです。

生活に影響する恐れがあり
低所得者に配慮する仕組みを
検討する。

外来時の窓口負担の上乗せについては、
現在紹介状なしで大病院を受診した
患者に追加負担を求める制度を
拡大する方向。

政府は全世代型社会保障検討会議が
今月中旬にまとめる中間報告に
制度改革を明記したい考えだ。

自民、公明両党と調整するが、
難航も予想される。
政府は社会保障審議会(厚生労働相の
諮問機関)で議論を進め、来年秋の
臨時国会への関連法案提出を目指すそうです。

医療費は上げるべきですね。
医療費の税金の負担が多すぎます。

3割でも良いと思います。
高齢者は、そんなに長生きする必要は
ないと思います。
後世に負担を残さないように
すべきです。


プロフィール

ken

Author:ken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク