FC2ブログ

幼児教育率

国連児童基金(ユニセフ)です。

30日、日本や欧米など「豊かな国」と
される41カ国の教育に関する調査結果を
公表したそうです。

日本は幼児教育を受けている
子どもが91.1%と全体の34位で、
多くが100%近い欧州諸国に
比べると低位にとどまったそうです。

調査は経済協力開発機構(OECD)や
欧州連合(EU)加盟の41カ国が対象。

2015年に幼児教育を受けている
子どもが99%以上の国は13カ国で、
うち11カ国を欧州が占めた。

首位はリトアニア(99.9%)で
最下位はトルコ(69%)。
韓国は35位(90.8%)、
米国は40位(87%)だったそうです。

こういう調査があるのですね。
何を言っているのかわかりませんが。

悪いのであれば対策した方がよいですね。


スポンサーサイト



グーグル

Googleです。

米国時間10月29日、社会に有益な
人工知能(AI)プロジェクトに取り組む
非営利団体や大学などの組織を対象とする
新しいコンテスト「AI Impact Challenge」を
発表したそうです。

奨励金として2500万ドル(約28億円)を
提供するそうです。

このコンテストは、「AI for Social Good」という
Googleの新しいイニシアチブの
一環だそうです。

同プログラムは、災害救助、環境保全、
人身売買に関する問題など、差し迫った
大きな問題の解決を支援することを
目指すもの。

しかしその一方でGoogleは、物議をかもした
軍事プロジェクトに関与していたことや、
中国の検閲に対応する検索エンジンを
構築していると報じられたことなど、
自社のAIの活用方法をめぐって
厳しい批判にさらされているそうです。

いろいろあります。
でも、コンテストはいいですね。
優秀な人をグーグルに引き抜くことが
出来ます。
すごいと思います。

U19日本

1次リーグB組1位のU−19日本は、
A組2位の地元インドネシアに完封勝ちし
準決勝に進出、2大会連続となる
U−20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)
出場権を獲得したそうです。

U−20W杯は、来年にポーランドで
開催されるそうです。

日本が先手を取った。
前半40分、敵陣中央でパスを受けた
DF東俊希の強烈なミドルシュートが
ゴール右隅に突き刺さり先制したそうです。

後半に入ると大粒の雨が降る悪コンディションと
なったが、後半23分にはGK谷晃生が相手の
FKをパンチングで阻止するなどDF陣が
一丸となって守り、相手の攻撃をしのいだ。

日本は同25分には、FW久保建英が
ドリブルでペナルティーエリア右に
進入しゴール前に折り返しのパスを
FW宮代大聖が決めて待望の追加点を奪い、
試合を決定づけたそうです。

若い選手が育っていますね。
次のワールドカップには出場できるのでは
ないでしょうか。
楽しみです。

スズメバチ

秋の行楽シーズンを迎え、
スズメバチによる被害増を
懸念する声が高まっているそうです。

今年は4月の気温が高かったため
巣作りの時期が2週間ほど早まり、
羽化した働き蜂が巣中で平年より激増
している恐れがあるそうです。

豊作のキノコを求めて山林に
入る人も多い中、専門家は注意を
呼び掛けているそうです。

スズメバチは攻撃性が高く、
何度も刺されると「アナフィラキシーショック」と
呼ばれる呼吸困難や意識障害などを
起こし死亡する危険もあるそうです。

厚生労働省の人口動態調査によると、
スズメバチを含むハチによる
死者は2015年が23人、16年19人、
17年13人と推移。

今年は暑かったですからね。
スズメバチも多いでしょうね。

気をつける必要があります。

中国の介護事業

中国で日本の技術やノウハウに関心が
高まる中、介護の分野でも日本式が
注目されているそうです。

長年の一人っ子政策もあり、急速に
高齢化が進む中国。
この巨大市場に、日本企業が進出しているそうです。

今、盛り上がりを見せる中国の介護ビジネス。
背景にあるのは急速な高齢化です。
60歳以上は、既に日本の総人口の
2倍に当たる2億4000万人に上っているそうです。

日本企業が今年6月、中国の国営企業と
提携して、広州にオープンした老人ホーム。

利用者はおよそ30人。
料金は一月20万円ほどです。
平均月収3万円の中国において、こうした施設を
利用できるのは中・高所得者層です。
この施設では、入居者ができるだけ体を
動かして自立を促す日本式介護を取り入れているうそうです。

中国で問題なのは日本企業が進出するときは必ず
中国企業と提携することです。
日本企業独自で決められません。
今は、よいですが、将来は厳しいと思いますよ。

今までの企業をよく見ておくべきですね。

ASUS Japan

ASUS JAPANです。

23日、同社の公式Webストア
「ASUS Shop Online」を新たに名称を
「ASUS Store」として2018年10月23日(火)12:00に
リニューアルオープンしたと発表したそうです。

またURLも従来の https://shop.asus.co.jp/ から
https://jp.store.asus.com/ に変更されており、
既存のASUS Shop Onlineについては
すでに10月22日に閉鎖されているそうです。

さらに合わせてリニューアルオープン
キャンペーンを開催しており、お得な製品を
多数用意しているほか、ASUS Storeの公式LINE@
アカウントを友だち登録すると、ASUS Storeまたは
ASUS Store Akasakaにおいて対象商品が10%OFFに
なるクーポンコードがプレゼントされているそうです。

IT業界の競争が激しいですからね。
中国メーカーがどんどん出てきています。

販売を広げる必要があります。
顧客の取り込みですね。

ソフトバンク株

サウジアラビア政府を批判してきた記者、
ジャマル・カショギ氏の死亡事件を受け、
ソフトバンクグループの株価が大幅に
下落しているそうです。

事件への関与が疑われるサウジ政府は、
同社が運営する巨大ファンドに
共同出資しており、投資家が先行き
不透明感を敬遠しているためだそうです。

ファンドは、IT企業などに投資する
10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・
ファンド」。

サウジ政府で実権を握るムハンマド皇太子が
提唱する「脱石油依存」の経済構造改革と、
モノのインターネット(IoT)など
最先端分野へ積極投資したい
ソフトバンクの思惑が一致し、
サウジの政府系ファンドの出資が
決まったそうです。

いろいろな情報で株価が下がるのですね。
気を付ける必要があります。

世界の都市ランキング

経済や居住、環境などの指標を使って、
世界の都市の総合力を採点した
民間のシンクタンクによるランキングです。

東京にある民間のシンクタンク
「都市戦略研究所」は、平成20年から
世界の主要な都市を対象に、「経済」
「研究・開発」「文化・交流」「居住」
「環境」、それに「交通・アクセス」の
6つの分野で総合力を採点し、ランキングを
公表しているそうです。

東京は3年連続で3位になったそうです。

18日、都内でことしのランキングが公表され、
合わせて70の指標を使った採点で、東京は
世界44都市の中で、ロンドンとニューヨークに
次ぐ3位になったそうです。
東京の3位は3年連続だそうです。

東京は働き方改革による総労働時間の
削減などで、「居住」の分野で順位を
去年の14位から9位に上げた一方で、
「環境」の分野では取り組みへの評価が低く、
順位を12位から29位に落としたそうです。

一方、ほかの都市との比較では、
法人税率の引き下げで「経済」分野で
評価を高めた2位のニューヨークに
差を広げられたほか、外国人訪問者を
増やすなど「文化・交流」分野でスコアを
伸ばした4位のパリに差を縮められているそうです。

東京は、もっと家賃が安いといいですね。
便利な街だとは思いますが。

東証トラブル

東京証券取引所で9日に起きた
株式取引システムの障害です。

取引が成立していたはずの
売買注文を証券会社が事後に
補償する必要のある件数が、
10万件程度に上るそうです。

証券会社と東証は取引停止と
なった原因について意見が対立している。
東証は近く金融庁への報告で、
証券会社の対応の不備を指摘する
方針だそうです。
損失が発生する証券会社は反発している。

9日早朝、東証にメリルリンチ日本証券を
介して通常の1000倍を超す通信データが
届き、東証は全部で四つある通信回線のうち、
異常を検知した1号機の通信を止めたそうです。
証券会社約40社は、午前9時の取引開始
までにほかの通信回線への切り替えが
間に合わなかったそうです。

証券会社はシステム障害などで、顧客から
受けた注文が約定できなかった場合、
本来、成立すべき株価で取引を成立させたとして、
現金や株式を受け渡す必要があるそうです。
証券各社は今回のシステム障害で、
こうした対応が必要な取引を確認する
作業を進めているそうです。

10万件ですか。
大きいですね。
原因追及と再発防止が必要です。

NY株

16日のニューヨーク株式市場の
ダウ工業株30種平均です。

大幅反発し、前日比547.87ドル高の
2万5798.42ドルで取引を終えました。

上げ幅は3月下旬以来、約7カ月ぶりの大きさ。
この日発表された米企業決算が好調だったことで
投資家心理が改善し、ダウ平均を構成する
全銘柄が上昇したそうです。

前週に相場が急落しており、反動による
買い戻しもあったそうです。

16日に決算を発表した金融のゴールドマン・
サックスや保険のユナイテッドヘルス・
グループが買われ、相場を主導したそうです。

9月の米鉱工業生産指数や、8月の
米求人件数が市場予想を上回ったことも
買い材料になったそうです。

乱高下しますね。
先日は、かなり下落しました。
これから予断を許しませんね。


日経平均株価

週明け15日の東京株式市場です。

米国が日本に「為替条項」導入を要求し
円高警戒感が広がったことや、消費税増税の
景気への懸念から売り注文が強まり、
日経平均株価(225種)は大幅反落したそうです。

終値は前週末比423円36銭安の2万2271円30銭で、
約2カ月ぶりの安値だったそうです。
先週11日の株価急落に続いて株安不安が
再燃したそうです。

中国・上海市場の下落も相場の押し下げ
要因となったそうです。

東京外国為替市場では円高が進行し、
1ドル=111円台を付ける場面も
あったそうです。

いろいろな要因で下落します。
将来が見えませんね。


日立とGE

日立製作所が米ゼネラル・エレクトリック(GE)と
共同で、新型の原子力発電所の開発に
乗り出すそうです。

次世代炉として米国などで開発が
進む小型モジュール炉(SMR)と
呼ばれるタイプで、2030年代の実用化を
目指すそうです。

東京電力福島第一原発事故の後、
停滞する国内の原発事業の
活性化につながる可能性もあるそうです。

日立の子会社とGEの子会社が、年内にも
SMRの共同開発について覚書を交わすそうです。

日立とGEは戦後、原子力分野で協力関係を
築いてきた。
SMRでも連合を組むそうです。
日立は原子炉の小型化に向けた研究に長年
取り組んでおり、GEとの提携ではまず、
開発に必要な実験データの共有などを
進めるそうです。

東芝が原発から撤退しましたが日立は
続けるのですね。
日本企業は続けてほしいですね。

ポンペオ氏訪朝

2回目の米朝首脳会談は米中間選挙後に
行われることが決まったが、北朝鮮の
非核化に向けた米朝交渉はポンペオ
米国務長官の4回目の訪朝でも収穫は
ほぼゼロだったそうです。

北朝鮮はすでに爆破した豊渓里(プンゲリ)の
核実験場への査察受け入れの姿勢を
みせたものの、「用済み」の実験場査察に
何の価値もない。

焦点は米国の求めてきた核施設申告
リスト問題に金正恩(キム・ジョンウン)
朝鮮労働党委員長がどう言及するかにあったが、
米朝協議は、シンガポールでの米朝首脳会談から
約4カ月を経ても、入り口の非核化ロードマップ
(行程表)をめぐる駆け引きが続き、
そのドアさえいまだに開いていない状態だそうです。

ポンペオ氏の訪朝を「進展があった」と
評価するのはトランプ米大統領と北朝鮮メディア、
そして韓国大統領府だけという奇妙な状況が
続いているそうです。

米国の北朝鮮専門家は「また時間稼ぎだ」と
批判、日本の専門家も「中身はない」と
指摘しているそうです。

今まで進展しなかったのに、そう簡単では
ないですね。
これからどうなるでしょうか。

日経平均株価

2018年10月11日の株式市場です。

日経平均株価が終値ベースで
対前日終値比で915円18銭値を下げ、
2万2590円86銭で終えました。

下落率でいえば同▲3.89%も
下落したことになります。
また、TOPIX(東証株価指数)は
1701.86ポイントと同じく▲3.52%の
下落です。

大きく売られたセクターは
「石油石炭製品」、「鉱業」、「機械」、
「精密機器」、「非鉄金属」といった
景気敏感セクターが売られているそうです。

米国の株式市場の大幅下落により、
景気の先行きに関して不透明感も
漂い、WTI原油先物も下落しているそうです。

昨日もアメリカは下落しています。
今日も日本株は落ちています。
これからどうなるでしょうか。


人民元安

ムニューシン米財務長官は
10日までの英紙フィナンシャル・
タイムズとのインタビューで発言したそうです。

中国の通貨、人民元の大幅な下落について
「注視している」と述べたそうです。

中国との貿易協議に通貨問題も
絡める姿勢を示し、インドネシア・
バリ島で開かれる20カ国・地域
(G20)財務相・中央銀行総裁会議を
前に中国側をけん制したそうです。

ムニューシン氏は「人民元は今年大幅に
下落している。さまざまな要因があるだろうが、
中国側と協議したい」とした上で
「中国が通貨の競争的な切り下げを
しないことを確かめたい」とも語ったそうです。

人民元は米中貿易摩擦に伴う景気悪化への
懸念から対ドルで下落傾向が続き、
上海外国為替市場では1ドル=6・92元台と
約1年9カ月ぶりの安値水準にあるそうです。

貿易摩擦を解消するには人民元を
切り上げるしかありませんが下落しています。
なぜでしょうか。
不思議です。

高額医薬品

財務省は9日、「財政制度等審議会
(財務相の諮問機関)」の分科会を開き、
社会保障費の抑制に向けた改革案を
示したそうです。

高額な医薬品については、費用対効果を
勘案し公的保険の対象から外すことも
検討するよう提案。

75歳以上の後期高齢者が受診する際の
自己負担割合を現行の原則1割から
2割へ増やすことも改めて打ち出したそうです。

高齢化の進展で膨張する社会保障費を
抑制するそうです。

今後も議論を進め、今年11月をめどに
財政審がまとめる平成31年度予算編成の
建議(意見書)に反映するそうです。
同時に、政府が年末まとめる歳出改革の
工程表にも織り込みたいそうです。

医薬品は現在、新薬がほぼ自動的に
保険適用される形となっている。
ただ、がん免疫治療薬「オプジーボ」の
当初価格のように高額になるケースも多く、
医療財政の大きな負担となっている。
財務省は費用対効果や財政影響など
経済面も評価し、保険適用の可否を
判断できる仕組みを導入すべきだとしたそうです。

どんどん社会保障費が増えています。
患者に負担をしてもらう必要があります。


コインランドリー

赤やオレンジ、青といった外装で、
店内が明るく、清潔そうな店舗。
ひときわ目を引く看板。
最近、街のいたるところでやけに
目立つのがコインランドリーです。

いまや店舗数は右肩上がり。
この20年で倍増、さらに増殖中だそうです。
2017年度時点では国内に約2万店と
推計されているそうです。

「昔のコインランドリーは銭湯に
併設されていることが多かった。いまは働く女性の
需要も増え、明るく開放的で、清潔感のある店舗が
多くなってきている」(コインランドリー業界専門誌
「ランドリービジネスマガジン」の中澤孝治編集長)
だそうです。

コインランドリーが拡大している
理由は大きく3つだそうです。

共働き家庭が増え、家事時間を短縮したいという
ニーズが高まった。
また、アレルギー対策などから、布団や毛布を
丸洗いしたいという需要が高まっているそうです。
そして、洗濯中の待ち時間に、自社のサービスや
商品を消費してもらえる点に企業が着目し
始めているそうです。

確かにコンビニにも併設しているところも
あるそうです。
時代の流れでしょうか。

Windows10

Microsoftです。

2日(現地時間)、パソコン(PC)など
向けOS「Windows 10」の最新メジャー
アップデート「Windows 10 October
2018 Update」(以下、October 2018 Update)を
提供開始したと発表してたそうです。
順次配信されるほか、手動でアップデートする
ツール「Windows 10 更新アシスタント」にて
更新可能だそうです。

これまでのWindows 10の大型メジャー
アップデートは開発者など向けに先行して
「Windows Insider Program」で事前に
Release Preview Ringで提供されてきましたが、
今回のOctober 2018 Updateはいきなり
RTM(Release to Manufacturing)が
リリースされたそうです。

クリップボードの履歴は「Windowsキー+Vキー」で
表示でき、クリップボードは書式なしテキスト
またはHTML、画像を履歴として保持されるそうです。
保持できるサイズはそれぞれ1MB未満で、
全体の上限が5MBまでの50個まで
(ピン留め含め)だそうです。

クリップボードはクラウド同期にも対応し、
Microsoft アカウントを介して複数の
Windows PC間で同期されるように
なるそうです。

あまり必要な機能のようにはみえませんが。
他のソフトに影響が出なければよいですが。



築地市場

世界最大級の魚市場を有し
「日本の台所」と呼ばれてきた
東京都の築地市場(中央区)です。

6日、豊洲(江東区)への移転に
伴い閉場するそうです。

1935(昭和10)年に関東大震災からの
復興で誕生し、戦争を乗り越え、景気の波に
もまれながら、食文化を築いてきた。
83年の歩みは、日本社会の激動の
歴史そのものだそうです。

江戸時代から300年続いた日本橋魚河岸が
23(大正12)年9月の関東大震災で焼け、
海軍所有地に臨時の魚市場が開かれたのが
築地市場の始まりだそうです。

高度成長期が終わり、バブル経済も崩壊して、
87年には81万トンに達した水産物取扱量は
減少しているそうです。

スーパーなどによる大量購入が広がり、
売り手と買い手が直接価格交渉するのが
当たり前になって、競りをするのは
マグロやウニなど一部になったそうです。

これからは豊洲です。
時代が変わっていきますね。


WIFI6

無線LANの規格策定を行なう団体
Wi-Fiアライアンスが、次世代WiFiの呼称を
「WiFi 6」とし、2019年より認証を
開始すると発表したそうです。

「WiFi」はIEEE 802.11準拠の
無線LANにおける伝送規格を
総称する呼び名として使われてきましたが、
それに世代を表す数字を付与することで、
どれが最新の規格かが用意にわかるように
なるそうです。

WiFiは、スループットを高めるために
IEEE 802.11 b /a /g /n /ac と世代を重ねた結果、
いくつもの重ねた結果、互換性を示す
WiFi認証のロゴマークがあったとしても、
特に初心者にはその伝送速度の違いが
分かりづらくなっていたそうです。

新たなWiFi 6という呼び名は、理論上
最大伝送速度が9.6Gbpsに達する
802.11axをサポートする機器を
指すことになるそうです。
また、802.11acは「WiFi 5」、
802.11nを「WiFi 4」と呼称することも
あわせて発表されたそうです。

スピードがどんどん早くなりますね。
わかりやすいと思いますよ。


スルガ銀行

金融庁は2日、シェアハウスなど
投資用不動産関連融資で不正が
横行していたスルガ銀行(静岡県沼津市)に
対し、週内にも一部業務停止命令を出す方針を
固めたそうです。

経営陣が営業現場での書類改ざんなどの
不正を把握せず、ガバナンス(企業統治)が
機能不全に陥っていることを踏まえた措置だそうです。

不正が行われた不動産関連融資などが
業務停止の対象になるとみられるそうです。
停止期間は、数カ月に及ぶ可能性もあるそうです。

同行の第三者委員会の報告書によると、
融資審査書類の改ざんや契約書の偽造が
投資用不動産関連融資でまん延。
一部役員を含む行員も関与していたそうです。
経営陣はそうした実態を把握せず、
経営を任された取締役の責任を
果たさなかったとして「善管注意義務に
違反している」と指摘したそうです。

金融庁は4月から立ち入り検査に入り、
不正の実態を調査。
創業家出身者などが役員を務める
企業に対する数百億円の不透明な
融資も判明したそうです。

銀行業務はおこなうのですね。
全部業務停止すると影響が大きいのでしょうね。
不正融資の個人投資家はどうなるのでしょうかね。


沖縄知事選

沖縄県知事選です。

米軍普天間飛行場の辺野古移設反対を
掲げた玉城デニー氏は、無党派層や
女性からの多くの支持を得て、移設実現を
めざす安倍政権が支援した佐喜真淳氏を
引き離したそうです。

朝日新聞社が30日、沖縄タイムス、
琉球朝日放送と共同で実施した出口調査だそうです。

調査は県内83投票所で実施し、有効回答は4032人。
支持政党別の投票先では、無党派層の70%が
玉城氏に投票。立憲、共産、社民の各支持層の
9割以上が玉城氏に入れていたそうです。

一方、佐喜真氏への投票は自民支持層の78%、
公明支持層の71%だった。

両党が組織を挙げて佐喜真氏を
推したが、支持層の一定数が玉城氏に
流れていたそうです。

男女別では、女性の61%が玉城氏に投票し、
佐喜真氏との差を広げたそうです。

年代別に見ると、若年層で佐喜真氏、
高齢層で玉城氏への投票が多い傾向があったそうです。

これからどうなるのでしょうかね。
普天間の危険はこれからも続くのでしょうか。
政府としては厳しいですね。


プロフィール

ken

Author:ken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク