FC2ブログ

アメリカの対中制裁

アメリカは中国に対する通商制裁措置に
ついてです。

25%の追加関税を課す対象品目の
詳細を来月15日までに発表すると
明らかにしたそうです。

アメリカのトランプ政権は29日、
知的財産権の侵害を理由とした
中国に対する通商制裁措置について、
制裁の対象となる品目の最終案を
6月15日までに公表すると発表したそうです。

中国から輸入する総額500億ドル=およそ
5兆4500億円の製品に25%の追加関税を
課すもので、アメリカが中国への制裁を
続ける方針を明確に示したことで、
貿易摩擦に対する懸念が再び広がりそうです。

「態度を変え、前言を翻すたびに、国の信用は失われていきます」
(中国外務省 華春瑩報道官)
だそうです。

一方、中国政府は、今回の発表が先週ワシントンで
合意した「協議を続けている間は関税引き上げなどの
措置を棚上げする」という共通認識に反していると
不快感を示しているそうです。

中国商務省は、「アメリカがいかなる措置を
取っても、中国は人民の利益と国家の核心的
利益を断固として守る自信と能力、経験を
持っている」とする報道官の談話を発表し、
アメリカ側に歩み寄りを求めたそうです。

中国はどう対応するでしょうか。
アメリカは、関税をかけるでしょうか。
これから予断を許しません。
注目ですね。

スポンサーサイト



高齢者の運転

また、高齢者の運転の事故です。

28日午前、神奈川茅ヶ崎市の国道で
90歳の女性が乗用車を運転中、
4人をはね、うち1人を死亡させたなどとして、
警察は近く逮捕状を請求する方針だそうです。

女性が運転する車は建物に接触した後、
木の奥まで進んで停車したということです。
28日午前11時頃、茅ヶ崎市元町の国道で、
歩行者4人が乗用車にはねられ、57歳の女性が死亡、
39歳から63歳の男女3人が軽いけがを
したそうです。

このほか事故を目撃した女性2人が、
気分が悪くなったとして病院に運ばれたそうです。

乗用車を運転していたのは、茅ヶ崎市内に住む
90歳の女性で、この女性も軽いけがをしたそうです。

女性は調べに対し、「赤信号と分かっていたが、
急いで通過しようと思い行ってしまった」
「赤信号を無視した」という趣旨の話を
しているそうです。
警察は、過失運転致死傷の疑いで、近く逮捕状を
請求する方針だそうです。

もう90歳になったら運転をやめるべきですね。
高齢者の交通事故がどんどん増えています。

米朝首脳会談

北朝鮮の国営メディアは、電撃的に
26日に行われた韓国と北朝鮮の
首脳会談で金正恩(キム・ジョンウン)
党委員長が、米朝首脳会談への「確固たる意志」を
示したと伝えたそうです。

会談キャンセルを表明した
トランプ大統領も、実務者レベルで
再調整が続いていると明らかに
したそうです。

柔らかい表情で文(ムン)大統領に
話しかける金党委員長。
これは26日、軍事境界線の北朝鮮側の
施設で行われた首脳会談の模様を、
韓国大統領府が27日の朝、公開したそうです。

金党委員長が前日の午後に申し出て
急きょ実現した会談で両首脳は、アメリカの
トランプ大統領によってキャンセルされたかに
見えた米朝首脳会談の実現に向け、
協力していくことで一致したそうです。

韓国が、全然調整役をしていませんからね。
どうなるかわかりません。

中東の他の国もみています。
駆け引きですね。

スマホ利用

総務省が25日、2017年の通信利用動向調査を
発表したそうです。

それによると、インターネットを
使う際にスマートフォンを利用した人の
割合が54.2%に上り、パソコンの48.7%を
初めて上回ったそうです。

スマホがネット接続の主流に
なっている実態が改めて
浮き彫りになったそうです。

前年はスマホが57.9%、パソコンが58.6%
だったそうです。

今回はいずれも割合が低下しているが、
総務省は「高齢者の回答割合が増えたため」と
説明しているそうです。

過去1年間にネットを利用した人に
対し、使った機器を複数回答で尋ねたそうです。

時代が変わっていますね。
スマホの時代ですね。

LINEなどのツールもあります。

西友

西友です。

西友各店では2018年5月24日から、
約600品目が一斉値下げされているそうです。

今回の一斉値下げは、景気に左右されることなく、
一切値上げせずに低価格で3か月以上販売する
2018年の「プライスロック・リニューアル」
第2弾として行われるものだそうです。

5月24日には約900品目が新規対象商品
として追加されたそうです。
さらに、そのうち約600品目は平均で
約7%価格が引き下げられているそうです。

毎日の生活に欠かせない人気アイテムも
多数含まれるそうです。

継続商品と合わせると、プライスロックの
対象商品の合計は3000品目超になるそうです。

消費者にとってはよいことです。

リムパック

米国防総省のローガン報道官は23日、
米海軍が各国海軍と太平洋のハワイ沖で
今年予定している世界最大規模の
海軍演習「環太平洋合同演習」(リムパック)に関し、
中国海軍への招待を取り消すと発表したそうです。

中国が南シナ海で人工島の軍事拠点化を続け、
「地域を不安定化させているため」としているそうです。

リムパックは2年に1回行われ、日本の海上自衛隊も
毎回参加。
中国海軍は2014年に初参加したそうです。

今年のリムパックには昨年5月の時点で
正式に招待されていたが、中国による
南シナ海などでの覇権主義的な行動を
問題視する米国の対中強硬派の間で
「中国を演習から締め出すべきだ」
との声が上がっていたそうです。

貿易摩擦も同じですが、アメリカが
露骨に中国に嫌がらせをはじめましたね。

中国はメンツの国ですからどうするでしょうか。
注目ですね。

北朝鮮

北朝鮮が23日以降行うとしている
核実験場の廃棄を取材するアメリカなどの
メディアが、22日午後、北朝鮮東部の
元山(ウォンサン)に到着したそうです。

元山空港に到着したのは北部・豊渓里
(プンゲリ)にある核実験場の廃棄作業を
取材するために招待されたアメリカや
ロシア、中国などの記者らおよそ20人だそうです。

北朝鮮は当初、外部の専門家も招待すると
していましたが、アメリカCBSテレビに
よりますと、今回、専門家は招待されて
いないということです。
また、イギリスのスカイニュースなどは
安全確認のために持ち込んだ放射能の
線量計を、空港で没収されたそうです。

核実験場までは元山から列車で11時間、
さらにバスで4時間、歩いて1時間かかると
いうことですが、22日夜とされていた
取材陣を乗せた特別列車の出発が天候を理由に
30分前になって突然延期され、その後の
予定は伝えられていないということです。

話半分だと思った方がよいですね。
本当に廃棄をするかわかりませんね。
注意深く見る必要があります。

加計学園問題

加計学園問題をめぐり愛媛県が
新たな文書を提出したそうです。

これによると2015年に加計理事長が
安倍首相と面会し、獣医学部新設の
意向を伝えたということで、
これまでの安倍首相の国会答弁と
食い違っているそうです。

一方、加計学園は21日夜、「理事長が
2015年2月に総理とお会いしたことは
ございません」と、愛媛県の文書の
内容を否定するコメントを発表しているそうです。

どちらが本当でしょうか。

実際に会った加計学園が正しいような気がします。
愛媛県がデータ改ざんなどはないのでしょうかね。

今まで、公務員の改ざん問題が
どんどん出ています。
公文書の偽造で罰則を設けるべきですね。

何が本当かわかりません。

それと加計学園問題は、国民に何が
関係あるのでしょうかね。
もっと重要な問題がたくさんあります。

日大アメフト部

日本大学のアメフト選手が関西学院大学の
選手に悪質なタックルをした問題を受け、
19日、日大アメフト部の内田監督は
監督を辞任することを明らかにしたそうです。

「日本大学アメリカンフットボール部の
監督を辞任いたします。弁解もいたしません。
全てこの一連の問題は私の責任でございます。
誠に申し訳ございません」(日本大学アメフト部 内田正人 監督)
だそうです。

日大アメフト部の内田正人監督は、19日、
関学の鳥内監督やけがをした選手と保護者らに
会い、謝罪したということです。
反則をした選手に「1プレー目で壊してこい」
などと指示したことについては、
今後、文書で関学に回答するとして
明言を避けたそうです。

大学も本人もきちんと説明責任が
ありますね。
そしてタックルをした選手の
発言も聞きたいですね。

どのような経緯でタックルがおこったのか
明らかにする責任があります。


アメリカの輸入制限

アメリカのトランプ政権が日本の
鉄鋼製品などに行っている輸入制限措置に対し、
日本政府は対抗措置をとる準備があることを
WTO=世界貿易機関に通知したそうです。

トランプ政権は今年3月に日本の鉄鋼と
アルミニウム製品に対し、最大25%の
高い関税を課す輸入制限措置を発動しています。

これまで日本は繰り返し除外するよう
求めてきましたが、アメリカ側は応じて
いないそうです。
そのため、日本政府は18日夜、対抗措置を
とる準備があることをWTOに通知したそうです。

対抗措置の規模はアメリカが引き上げた
関税分にあたる500億円程度としていますが、
具体的な品目と方法は示していないそうです。

日本政府は対抗措置をちらつかせることで、
貿易交渉でアメリカ側から譲歩を
引き出す狙いがあるそうです。

対抗措置をやるぞということは重要ですね。
外交は駆け引きですから。


北朝鮮

北朝鮮です。

祖国平和統一委員会の委員長は、
米韓合同軍事演習を理由に韓国との
会談をキャンセルしたことについて
「会談を中止させた重大な事態が
解決されない限り、南の政権と
再び向き合うことは容易に実現しない」と
警告したそうです。

これは、今年1月などに行われた
南北閣僚級会談に北朝鮮側の首席代表として
出席した祖国平和統一委員会・李善権
(リ・ソングォン)委員長が、
朝鮮中央通信の記者の質問に
答えたものだそうです。

その中で李善権委員長は、16日実施予定
だった南北閣僚級会談を、北朝鮮側が
直前に取りやめたことに韓国が
「遺憾の意」を表明したことに触れ、
「会談中止の責任を我々に転嫁しようとしている」
などとと非難。
その上で「会談を中止させた事態が解決
されたない限り、南朝鮮(韓国)と
再び向かい合うことは容易に実現しないだろう」と
警告したそうです。

でも、今までがあまりにもおかしいですね。
これが現実です。
アメリカや日本は、制裁をはげしくすれば
よいと思いますよ。

Surfaceタブレット

Microsoftが、「Surface」タブレットの
低価格シリーズを発売する計画だそうです。

発売されれば、これまでよりも
効果的にAppleの「iPad」に
対抗できる可能性があるそうです。

Microsoftは、現行版よりも小型で
低価格のSurfaceタブレットを、
早ければ2018年下半期にも
発売する可能性があるという。

10インチ画面を搭載するこの端末は、
12インチの「Surface Pro」よりも小さく、
20%軽量だそうです。

現行版のSurfaceは四隅が角張っているが、
このタブレットは四隅が丸くなって
iPadに近づき、ソフトな外観に仕上がるそうです。

またUSB-Cポートを搭載し、価格は
およそ400ドル(約4万4000円)だそうです。

マイクロソフトも対抗していますね。
よい製品だと購入する人が
多くなります。
人気が出るでしょうか。

アメリカ大使館移転

イスラエルのアメリカ大使館が
聖地エルサレムに移転したことで
激化した抗議活動は15日も続き、
2日間の死者数は60人に上っているそうです。

こうした事態を受け、国連安保理の
緊急会合が開かれ、多くの理事国が
イスラエルによる武力の行使を非難したそうです。

一方、アメリカは、「以前から暴力は続いてきた」
「大使館のエルサレム移転が原因ではない」
などと主張し、孤立ぶりが改めて鮮明になったそうです。

これまで安保理では、多くの国が
中東和平におけるアメリカの役割に
期待を表明してきましたが、今回、
そうした声は聞かれず、事態の
鎮静化に向けた具体的な道筋は
見えていないそうです。

アメリカは大統領が変わると変わりますね。
わざわざ争いを引き起こすことは
ないと思います。

再選されるでしょうか。
どうでしょうかね。


悪質タックル

アメリカンフットボールの名門、
日本大学「フェニックス」(以下日大)です。

代表クラスのディフェンス選手(3年生)が
ライバル校である関西学院大学「ファイターズ」
(以下関学)との定期戦(6日・アミノバイタル
フィールド)で関学のQB選手(2年生)を
負傷させた「悪質タックル」の問題が波紋を
広げているそうです。

今日もテレビで放送していましたね。

関学のQBは、パス後の無防備な状況で
背後から受けた「悪質タックル」で全治
3週間の怪我を負ったそうです。

関学は12日に記者会見を開き、日大側に
経緯の説明と正式な謝罪を求める
抗議文書を送ったことを発表。

返答期限を16日と定めているが、一方の
日大側は、ホームページ上で謝罪文を
掲載しただけで、今なお、今回の問題に
対しての記者会見も行わず、内田正人監督は
“雲隠れ”しているそうです。

関東学生アメリカンフットボール連盟は、
同選手に対外試合出場禁止と指導者への
厳重注意という暫定的な処分を下し、

今後、規律委員会を開き、正式な処分決定を
行うことを明らかにしているが、
その日程も含めて敏速な動きがなく、
日大側も沈黙しているため、ついに東大、
法大、立教大の3チームは、予定されていた
日大との春のオープン戦の“ボイコット”を
決めたそうです。

テレビでみましたが、悪質ですね。
怪我をした人もいるのですね。
わざとの可能性があります。
監督も関与してるのなら、クラブは、
解散ですね。
厳しく対処する必要があります。

JNN世論調査

JNN世論調査だそうです。

加計学園問題をめぐり先週行われた
柳瀬元総理秘書官の参考人招致を受け、
「疑惑が深まった」と感じた人は74%に
上るそうです。

安倍内閣を支持できるという人は、
先月の調査結果より0.6ポイント増え
40.6%でした。

一方、支持できないという人は、0.7ポイント
減って57.7%でした。

支持・不支持とも横ばいでしたが、
2か月連続で不支持が支持を
上回る結果となったそうです。

柳瀬元総理秘書官の参考人招致について
テレビやインターネットを見ていましたが
違和感などはなかったですね。

どんな世論調査なのか
わかりませんが、何が疑惑深まったのか
よくわかりますね。

どんな世論調査をしたのでしょうかね。

よくわかりませんが。



超高速交通トンネル

米国で地下トンネルを使った
超高速交通システム導入を目指す
米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者
(CEO)です。

11日までに、カリフォルニア州ロサンゼルスで
掘削を進めている実験用地下トンネルが
「ほぼ完成した」と明らかにしたそうです。
ツイッターに書き込み、画像や映像を公開したそうです。

マスク氏はロサンゼルスで深刻化する
渋滞問題の克服のためトンネル掘削会社、
ボーリングを設立。当局の許可を得て、
自らの宇宙ベンチャー、スペースXの
工場とロサンゼルス国際空港までの
地下数キロで実験を行っているそうです。

建設費や完成時期などは明らかに
されていないが、ロサンゼルス
中心部やサンタモニカなどにも
トンネルを拡張する計画だそうです。

同様の技術を使い、ニューヨークと
ワシントン、ロサンゼルスと
サンフランシスコを結ぶ構想も
掲げているそうです。

成功するでしょうか。

でも、技術だけでは厳しいですからね。
リニアだって、技術はかなり以前から
出来ていました。
安全に運航する技術が必要です。
ソフトウェアのようにプログラムを
作るようにはいきません。

テスラの利益を上げる方が重要なような
気がしますが。

でも注目ですね。

米朝首脳会談

アメリカのトランプ大統領は10日、
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)
党委員長との史上初となる
米朝首脳会談について、6月12日に
シンガポールで開催すると発表したそうです。

トランプ氏は10日、ツイッターで
「高く期待されている米朝首脳会談は
6月12日、シンガポールで行う」と
明らかにしたうえで、「世界平和に
とって非常に特別な瞬間になるように
双方が努力する」と強調したそうです。

北朝鮮の非核化が焦点となる
首脳会談の開催地をめぐっては、
南北軍事境界線上の板門店(パンムンジョム)も
最終候補でしたが、板門店はトランプ氏が
9日、否定するとともに、
「日程と場所を3日以内に発表する」と
表明していたそうです。

シンガポールは米朝双方と国交があるうえ、
海に囲まれた国土の狭い管理社会で
警備しやすいことが開催地に
選ばれた理由とみられます。

今の所、トランプ大統領の主導ですね。
アメリカの方が一枚上手でしょうか。

これから注目です。
 

NY原油

アメリカのトランプ政権が
イラン核合意からの離脱を
表明したことを受け、ニューヨーク市場の
原油先物価格が9日、1バレル=71ドル台
まで上昇したそうです。

9日のニューヨーク・マーカンタイル
取引所で、国際的な指標となっている
WTIの先物価格は一時、前の日よりも
3%以上高い、1バレル=71ドル
36セントまで上昇。
終値でも2014年11月以来、
およそ3年5か月ぶりに
71ドル台で取引を終えたそうです。

これは、トランプ政権がイラン核合意から
離脱し、独自の経済制裁を科すと
発表したことを受け、イランでの
原油生産量が減少するとの懸念から、
原油の先物への買い注文が活発と
なったためだそうです。

政情不安がありますね。
またガソリンがあがりますね。

日本にとっては厳しいですね。


野党の審議拒否

18日間の国会審議拒否を続けた
立憲民主党などの野党は審議復帰を
決めたが、条件として求めた麻生太郎副総理兼
財務相の辞任や柳瀬唯夫元首相秘書官
(現経済産業審議官)の証人喚問は
勝ち取れなかったそうです。

与党は野党に構わず審議を進め、
世論の批判の矛先は安倍晋三政権から
「連休」をとり続ける野党へと
変わっていったそうです。

目立った成果に乏しく、野党は
国会戦術で完敗したそうです。

与党は「議論に応じない野党はいずれ
国民に見放される」(自民党幹部)と分析。

4月27日の衆院本会議では、
日本維新の会を除く野党が欠席する中、
政府が最重要法案に位置づける
働き方改革関連法案を審議入り
させた。

連休のはざまの今月2日も、
主な野党が欠席する中で
審議を続けたそうです。

野党は、反対ばっかりで、法案の
議論や対案を出すべきですね。
立憲民主党もダメな野党ですね。

小型ロケットの打ち上げ

実業家の堀江貴文さんらが
北海道で開発中の小型ロケットです。

機体のトラブルなどに手間取り、
予定していた5日までの
打ち上げを断念し、夏以降を
目指すことになったそうです。

堀江貴文さんらが北海道の
大樹町で製作している小型ロケット
MOMO2号機。

当初、先月28日の打ち上げを予定して
いましたが、バルブを動かす窒素ガスの
漏れなどトラブルが見つかり、
30日までに3日連続延期されてきたそうです。

今回は大型連休に重なり、発射場のある
大樹町は観光客でにぎわいましたが、
堀江さんらは5日までの打ち上げを
見送り、機体を万全の態勢にしたうえで、
夏以降の打ち上げを目指すそうです。

なかなか予定通りいきませんね。
特にベンチャーだと難しいですね。
技術的な問題でしょうか。
プロフィール

ken

Author:ken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク