FC2ブログ

ソフトバンクのアメリカの会社

トランプ次期米大統領は28日、
滞在先のフロリダ州で、ソフトバンク
グループ傘下の米携帯電話大手スプリントなど2社が
国内で新たに8千人を雇用する計画を明らかにしたそうです。

同グループの孫正義社長らが
主導したとして「マサ(孫社長)に感謝する」と
述べたそうです。

スプリントは各国から5千人分の
雇用を米国に戻し、ソフトバンクが
出資を発表したベンチャー企業ワンウェブが
新たに3千人を新規雇用するそうです。

トランプ氏は孫氏を「すばらしい」と
たたえる一方で、「外国に奪われた雇用を
取り戻す」公約の実現をアピールしたそうです。

でも、何故海外に、仕事が奪われたのかを
知る必要がありますね。

安くで優秀な労働力が海外にあるからです。
本当に、雇用を戻して企業の活力が上がるでしょうか。

トランプ大統領の手腕が見たいですね。


スポンサーサイト



沖縄の飲酒

全国健康保険協会(協会けんぽ)沖縄支部です。

26日、国立病院機構琉球病院と
共同で「飲酒に関するアンケート結果と
健診結果の分析(中間報告)」を発表したそうです。

それによると、男性の4割が生活習慣病に
なるリスクが高い飲み方をしている
「問題飲酒群」と分類されたそうです。
専門家は「全国と比べても高い割合。
節酒に努めてほしい」と指摘しているそうです。

男性では35%が減酒支援の必要な「危険な飲酒群」、
5%が専門医療機関の受診につなげる
必要がある「アルコール依存症疑い群」とされ、
合計40%が「問題飲酒群」に該当したそうです。

沖縄には、泡盛がありますからね。
アルコール度が高いですね。
体に負担をかけますね。

浅田真央

フィギュアスケート女子で2010年
バンクーバー冬季五輪銀メダリストの
浅田真央(26)です。

全日本選手権(大阪・東和薬品ラクタブドーム=
25日最終日)で総合12位だったそうです。

14度目の全日本出場で自己最低順位に
終わり、9大会連続出場中だった世界選手権
(来年3-4月=ヘルシンキ)の代表選考でも
落選したそうです。

それでも終了後、来季現役続行を表明。
今大会では自身の代名詞であるトリプルアクセル
(3回転半ジャンプ)に今季初めて挑んだものの
失敗。
世代交代の荒波にももまれる中、現役に
こだわり続けているそうです。

何故でしょうか。
やっぱり金メダルが欲しいのでしょうかね。
銀メダルでもよいと思いますが。
もう、限界のような気がします。
見るのがつらくなっていますね。

中国の外貨準備高

中国の外貨準備高です。

世界一を誇る中国の「外貨準備高」が、
年内にも節目の3兆ドル(約350兆円)を
割りこむそうです。

中国人民銀行(中央銀行)によると
11月末の外貨準備高は前月比691億ドル減の
3兆515億ドルで、2011年3月以来、
5年8カ月ぶりの低い水準にあるそうです。

急激な元安を防ぐため、人民銀行は元買いドル
売りの介入を繰り返すが、企業による
海外への“資本逃避”も急増しているそうです。

外貨準備の取り崩し傾向には
歯止めがかからない状態だそうです。

外貨準備高は国の為替介入の力を示すそうです。

人民銀行が年明けに公表する12月末の
外貨準備高が、3兆ドル台を割り込む
事態となれば、中国経済の不透明感が
一層強まるそうです。

元安圧力はさらに強まり、それを嫌気する
投資家が資本流出に拍車をかけるという
悪循環に陥りかねないそうです。

アメリカの利上げで、どんどんお金が
アメリカに戻っています。
その影響もあります。

どうなるのでしょうか。

郵便局の物販

日本郵便です。

23日、物販を本格導入する郵便局を
来年、現在の5倍の310局に
増やすそうです。

コンビニエンスストアなどで使われる
陳列棚を設置。

独自開発した切手やはがきなどを並べるほか、
観光地の郵便局であれば訪日外国人向け
商品を充実させるなど、立地によって品ぞろえを
変えるそうです。

局内での物販の成長余地は大きいとみており、
収益の柱の一つに育てたいそうです。

郵便局は多いですからね。
いろいろな販売が出来るかも知れません。
コンビニに対抗すると、面白いかも
知れません。

注目です。

名護市辺野古移設訴訟

沖縄県の翁長雄志知事です。

22日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の
名護市辺野古移設をめぐる訴訟での
県敗訴を受け、26日にも最高裁判決に
従い辺野古埋め立て承認取り消し処分を
撤回する意向を固めたそうです。

前知事による埋め立て承認の効力が
回復することで、政府は速やかに
工事を再開するそうです。

翁長知事は22日、名護市内で記者団に対し、
「心の中では固まっている。皆さんが
思うようなところだ」と述べ、判決に
従う考えを改めて示したそうです。

埋め立て承認回復の日取りについて、
県幹部は「26~28日のいずれかだ」と
説明したそうです。

作業が再開するそうです。
早急に普天間の移設が必要ですね。

質屋

物品を担保に金を貸す「質屋」です。
鎌倉時代から続くとされる業態だそうです。

戦後しばらくは2万店余りあったそうです。

ところが2015年で3034店と右肩下がり。
新たな金融サービスの登場に加え、
近年は買い取り専門店やリサイクルショップが
台頭し、存在感がますます希薄になっているそうです。

歯止めをかけようと業界は懸命だそうです。

質屋の印象を尋ねたところ、
「暗くて入りにくい」「古くさくイメージが悪い」
などだそうです。
「質屋でお金を借りられる」ことすら
知らない人もいたそうです。

やっぱり、どんどん新しいサービスが
出てきますからね。
若い人は、質屋自体知らないでしょうね。

質屋もこれからどうするのか
考える時期です。
じっとしていたら無くなりますね。

若年性認知症

近年、高齢化の進展とともに
認知症患者が増加しています。

最近では64歳以下の非高齢者での
若年性認知症についても、徐々に
注目されるようになってきたそうです。

厚生労働省が2009年に「若年性認知症の実態等に
関する調査結果」を公表したそうです。

若年性認知症の推計有病率は
人口10万人当たり47.6人だそうです。
全国での推計総患者数は3万7800人だそうです。

推定発症年齢平均は51歳と活動性の
高い年代のため、発症すると、周囲への
影響は極めて大きいそうです。

ちなみに女性に比べて男性の方が、
患者数が多いそうです。

進行を遅らせるためには、バランスの
良い食事と十分な睡眠を取り、
規則正しい生活を送ることだそうです。

増えているのでしょうか。
気を付けないといけませんね。

イオンの記事問題

中国産米の混入問題を報じた
「週刊文春」の記事で名誉を
傷つけられたとして、イオン(千葉市)が
発行元の文芸春秋(東京都)に対し、
1億6500万円の損害賠償などを
求めた訴訟です。

判決で、東京地裁(沢野芳夫裁判長)は
16日、文芸春秋に約2490万円の
支払いと、ウェブ広告の削除を命じたそうです。
文芸春秋は即日控訴したそうです。

問題となったのは、2013年10月17日号の
記事や広告。商社が中国産米を国産と
偽装した問題について、イオンが偽装米の
納入に関与して、この米を使った弁当や
おにぎりなどを販売していた、と報じたそうです。

判決は、見出しを含めた記事と広告の
大部分が真実とは認められず、名誉毀損
(きそん)に当たると判断。
社会的信用を失わせた損害として
600万円のほか、イオンが新聞紙上に
社告や意見広告を出すためにかかった費用の
一部約1700万円も、文芸春秋の不法行為と
関係する損害と認めたそうです。

訴えが、1億6500万円の損害賠償なのに、
判決は、約2490万円ですか。
安すぎますね。
間違った記事を書いたのなら、
もっと、損害賠償を大きくすべきですね。
そうでないといつまでたっても、
間違った記事が続きます。

週刊誌を書くほうもリスクをもって
正しい記事を書くべきです。

ベッキーが復帰

タレントのベッキーです。

15日、都内で、コミュニケーションアプリ
「LINE」の年末年始キャンペーン発表会に
登場し、自虐発言を連発したそうです。

今年1月に「ゲスの極み乙女。」
川谷絵音との不倫が発覚。

週刊文春がLINEでのやりとりを暴露し、
当初は否定していた不倫関係の“証拠”と
注目を集めました。

ベッキーは今回、ナレーションのみだが
12月31日と来年1月1日限定で
放送されるCMにも出演しており、
騒動後のCMが“因縁の相手”となるそうです。

イベントに登場したベッキーは開口一番、
「『因縁』なんて言われてますけど、
大丈夫ですか?!」と騒動をネタに自虐発言
だったそうです。

でも、きちんと受け答えが出来たのは
すごいですね。
復帰できそうですね。
笑いに変えるところは
すごいと思います。

カップヌードルが減塩

「カップヌードル」が、
2020年までに、現在より15%減塩に
なるそうです。

日清食品によると、現在、カップヌードルには、
「めん・かやく」に2.3グラム、「スープ」に
2.5グラムと、1つの商品であわせて
4.8グラムの塩分が入っているそうです。

2020年までに、15%減らすことを
目指しているそうです。

健康志向が高まる中、減塩を求める声が、
いっそう強まる可能性があるそうです。

日清食品では、塩分を減らす一方、
うまみ成分を入れることで、味は
変えないようにするそうです。

また、即席麺の業界団体を通じて、
国内のほかのメーカーにも減塩を
求めていくそうです。

健康志向が強くなっていますからね。
いいと思います。
カップヌードルもどんどん進化して
いくのですね。

ノロウイルス

国立感染症研究所は13日、
ノロウイルスなどによる
感染性胃腸炎の患者報告数を
発表したそうです。

直近の1週間(11月28日~12月4日)で、
1医療機関あたり17・37人に上ったそうです。

最近の同期比では2006、12年に次ぐ水準で、
猛威をふるっているそうです。

近年流行していなかった型のウイルスが
原因の一つとみられ、免疫のない幼児が
集まる保育所などを中心に集団感染も
発生しているそうです。

専門家は予防のため、食事や調理前などに
積極的に手洗いをするように呼びかけているそうです。

かなり例年より多いようです。
気を付けないといけませんね。

プレミアムフライデー

経済産業省や経団連、小売り、
旅行などの業界団体でつくる
プレミアムフライデー推進協議会です。

12日、初会合を開き、毎月末の
金曜に消費活動を促す「プレミアムフライデー」を
来年2月24日から実施すると決めたそうです。

買い物しやすいように従業員の
終業時刻を早める取り組みも
進めるそうです。

プレミアムフライデーは、各地の
ショッピングセンターや商店街などに
イベントやキャンペーンを企画してもらい、
買い物や外食、旅行など幅広い分野の
消費を喚起するのがねらいだそうです。

主導する経産省は広告費などとして、
2016年度の補正予算に2億円を計上。
協議会では今後、月末の金曜日は従業員が
午後3時をめどに退社できるよう
企業に働きかけるそうです。

本来は自主的に企業がおこなわないと
いけませんが。
でも、政府が声をかけるのはよいかも
知れません。
定着すれば、早く帰れます。
消費も増えるかも知れません。

トランプと中国

トランプ次期米大統領は11日放送された
FOXテレビの番組で、発言したそうです。

中国本土と台湾は不可分の
領土だとする「一つの中国」原則を
米国が維持していくかは、中国の
貿易や外交政策次第だと述べたそうです。

トランプ氏と台湾の蔡英文総統との
電話会談後、ペンス次期副大統領は
米国の中台政策に変更はないと述べたが、
これと異なる見解で、中国側の反発を
招くかもしれないそうです。

トランプ氏は
「貿易関係などで合意が得られなければ、
なぜ『一つの中国』に縛られないといけないのか」と
疑問を呈した。
その上で、中国は為替操作などで
米国に不利益を与えていると批判。南シナ海に大規模な
軍事施設を建設すべきではなく、北朝鮮への対応も
不十分だと指摘したそうです。

トランプ大統領は、アメリカ最優先ですからね。
中国から、安い製品が
どんどん入っています。
昔は、日本製でしたが。

これからどうなるでしょうか。
注目です。

川内原発再稼働

川内原発再稼働しました。

九州電力川内原発1号機が運転再開した8日、
鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)
知事はその是非について最後まで
判断を示さなかったそうです。

7月の就任時に「県民が不安に思う原発は
いったん停止すべきだ」と言い切った姿から
事実上の原発運転容認したそうです。

それは説明責任を尽くさぬままの
「脱原発」政策の転換にも映るそうです。
知事の本心はどこにあるのか。
反原発派には失望と憤りが広がっているそうです。

知事ですから、きちんと説明すべきですね。
確かに、知事ですから原発だけでは
ないと思います。

テレビのコメンテーターの時の
印象とは違いますね。
実際の責任があると変わるのでしょうか。

東京都議選

日本維新の会が来年夏の
東京都議選に向け、第1次公認候補として
9人を内定したそうです。
16日に正式発表するそうです。

党関係者によると、最終的には20人以上の
候補擁立を目指すそうです。

都議選には小池百合子都知事も
政治塾「希望の塾」を立ち上げて
候補擁立を模索しているそうです。

維新は先に候補を発表することで、
小池氏の動きを牽制(けんせい)するとともに、
「第三極」としての存在感をアピール
する狙いがあるそうです。

前回の都議選(平成25年)でも
前身の「日本維新の会」が34人を擁立したが、
2議席と惨敗。
関西以外への党勢拡大が大きな課題になっているそうです。

今回は、どうでしょうか。
小池新党もあるかも知れません。

少なくとも、自民党の都議は、今回厳しいでしょうから、
他の党が勝つかも知れませんね。

国際学力テスト

経済協力開発機構(OECD)です。

26日、2015年に72カ国・地域の
15歳約54万人を対象に実施した
学習到達度調査(PISA=ピザ)の結果を
公表したそうです。

日本の平均点は「科学的応用力」が
前回12年の4位から2位、
「数学的応用力」は7位から5位と
共に順位を上げたそうです。
「読解力」は4位から8位に落ち、
平均点も22点下がったそうです。

文部科学省は読解力の順位低下の
主な要因について「今回からコンピューターで
解答する方式に移行し、操作などで
不慣れな面があったためではないか。
前回調査から大きく落ち込む理由は
見当たらない」と説明しているそうです。

しかし、活字離れでまとまった文章を
読む機会が減少したり、語彙(ごい)量が
不足したりといった実態が読解力低下の
原因とする専門家の指摘もあり、
文科省は読解力向上に向け小中学校用
「指導改善のポイント」を作成するなどして
対策を講じるそうです。

確かに、本を読む習慣は減っていますね。
若い人は、スマホばっかりいじっています。
書籍の販売が落ちているのも
わかります。
本を読まないといけませんね。

まとめ記事サイト

DeNAが運営する「WELQ」などの
まとめ記事サイトを閉鎖したそうです。
他のサイトでも記事を非公開にする
動きがでているそうです。

インターネットのまとめ記事サイトをめぐっては、
「DeNA」が運営する医療や健康の情報サイト
「WELQ」など9つのサイトにおいて根拠のない
掲載が行われていたことから、先週全記事の
公開をとりやめたそうです。

こうした流れを受け、内容を再確認するため
リクルートでも運営しているグルメや
美容などの情報サイト「ギャザリー」で
健康に関する約1万6000の記事を
一旦非公開にしたそうです。

また「Spotlight」や「by.S」を
運営するサイバーエージェントでも、医療や
健康に関する一部の記事の掲載を一旦停止し、
情報の確認作業をすすめているそうです。

間違った情報があるのは、
よくないですね。
誰でも見ますからね。
間違っていれば大変です。

カジノ解禁

読売新聞社が2~4日、全国世論調査を
実施したそうです。

自民党や日本維新の会などが今国会で
法案成立を目指しているカジノ解禁に
「反対」は57%と半数を超えたそうです。
「賛成」は34%だったそうです。

同じ質問をした2014年10月調査では
「反対」が63%、「賛成」が24%だったそうです。

自民党は、カジノなどの統合型リゾート(IR)を
推進するための法案(カジノ解禁法案)について、
6日に衆院を通過させる考えだが、
国民の間では依然として慎重論が
多いそうです。

今回調査を男女別にみると、男性は「賛成」46%、
「反対」49%と意見が分かれたが、
女性は「反対」65%が「賛成」24%を大きく
上回ったそうです。

国民の支持は、少ないかも知れませんね。
どんなメリットやデメリットが
あるのか、もっと説明する必要が
ありますね。

独アイクストロン買収

オバマ米大統領です。

中国企業によるドイツの半導体製造装置
メーカー、アイクストロンの買収阻止に
動くそうです。

ホワイトハウスが米国の安全保障リスクを
理由に海外の買い手による投資を
拒否するのはここ4半世紀余りで
3度目だそうです。

福建芯片投資基金(FGC)のドイツ子会社
グランド・チップ・インベストメントへの
アイクストロン売却を差し止めるべきだとする
対米外国投資委員会(CFIUS)の勧告を
支持するとオバマ大統領が2日に表明するそうです。

FGCは6億7000万ユーロ(約815億円)の
買収計画を進めていたそうです。

政治的な問題ですね。
確かに、半導体の製造装置は、重要です。
でも、何故、ドイツ政府でなくて、
アメリカ政府なのでしょうか。

よくわかりませんが。

離島の国有化

1日の参院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会で
発言したようです。

松本純領土問題担当相は
日本の排他的経済水域(EEZ)や
領海の外縁となっている離島のうち、
所有者がいない277の島について、
今年度内に国有財産登録を行う意向を
示したそうです。

無所属クラブの行田邦子氏への
答弁だそうです。

松本氏は、国有財産台帳の作成に
必要な測量データの整理を年内に
終える見込みだと説明。
「年度内には国有財産登録を終えるように努めたい」と
述べたそうです。

早くした方がよいですね。
今、おこなうのが遅いくらいです。

 

1人でフットサル

フットサル、バスケットボールなど、
楽しみたいけど、なかなか仲間が
集まらなくてできないスポーツです。

団体スポーツをやりたいと思う人に
ありがちな悩みを解消する
「ビジネス」が、広がっているそうです。

「1人」だったらできないフットサルの
試合をやれるそうです。

「仲間でチームをつくったとしても、
日程が合わないことが多い。『個サル』
なら、自分の都合がいい時間に参加できます」
そうです。

個サルとは「個人参加型フットサル」の
略称だそうです。
団体競技では、いいかもしれませんね。

やりたい人は多いでしょうね。
これも、ビジネスになるのですね。
時代が変わってきていますね。
プロフィール

ken

Author:ken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク