FC2ブログ

シャープの資金繰り

シャープの資金繰りが大変のようです。

シャープの有価証券報告書の内容です。
シャープが2013年3月期に、持っていた
東芝、オリンパスの全株式を売却していたそうです。

12年3月期の報告書によると、
東芝は24億6800万円分、
オリンパスは20億7700万円分を保有していた。

シャープは2年連続の巨額赤字に陥り、
不動産などを含めて資産の現金化を急いでいるそうです。

赤字額がすごいですからね。
現金がなくなっていると思います。

一番大事な、「IGZO」の技術を中国企業に
供与するなんて、異常だと思います。

それだけ、大変だということですね。
シャープの再建は前途多難です。

スポンサーサイト



日本とフィリピン

小野寺氏が、日本の防衛大臣として8年ぶりの
フィリピンを訪問したそうです。

東京から飛行機でわずか4時間、沖縄からわずか
2時間ほどだそうです。

また、日本とフィリピンは大小7千の
島々を抱える同じ島国です。

今回の会談では離島防衛や領海防衛、
海洋権益の確保で意見を交換したそうです。

両国は東シナ海、南シナ海で懸案を
抱えています。

法の支配による問題解決をはかるべきだと
いうことで一致したそうです。
日本としては今後、隣国フィリピンとの間で
防衛分野の交流協力を一層強めていくそうです。

安倍総理だけではなくて、多くの大臣が東南アジアを
訪問しています。

いいですね。
彼らも中国との問題を抱えています。

こういう外交努力を続けたいですね。

ウィンドウズ8.1

米マイクロソフトは26日、最新の基本ソフト
(OS)「ウィンドウズ8.1」の試験版を
公開したです。

ウィンドウズ8.1は「ウィンドウズ8」の改良版です。

利用したい機能を探し出しやすいよう、
スタートボタンを復活させているそうです。

昨年10月に発売したウィンドウズ8は
タッチパネル型の端末との相性が良いものの、
従来のデスクトップ型パソコンのユーザーにとっては
使いづらいものとなっていました。

ウィンドウズ8.1はこうしたパソコンユーザーを
取り込むことを主に狙っているそうです。

結局、今までのパソコンユーザーは使いにくいので
タブレットなどに移っていきました。
パソコンが売れませんからね。

機会損失です。
結局、前のスタートボタンを復活しました。
もし、他の選択肢があったら、皆他のメーカーに
乗り換えていますね。

短距離弾道ミサイル

防衛省が短距離弾道ミサイルの開発の
検討に入ったそうです。

射程は400~500キロを想定し、沖縄本島に
配備することで中国による尖閣諸島(沖縄県石垣市)
など東シナ海の離島侵攻への抑止力強化を目指すそうです。

7月にまとめる防衛力整備の基本方針「防衛計画の大綱」
改定案中間報告に明記、平成26年度予算案概算要求に
調査研究費を計上したい考えのようです。

実現すれば陸海空3自衛隊が保有する初の
弾道ミサイルとなるそうです。

16年の防衛大綱改定の際も、防衛省は長射程ミサイルの
技術研究開始を検討した。
だが、公明党が敵基地攻撃能力保有と専守防衛逸脱の
恐れがあるとして反対したため見送ったそうです。

いいことです。
抑止力になります。
日本の技術であればミサイルはすぐにできますよ。
どこまでの性能を入れるかですね。

でも、公明党ってやっぱり政権には
必要ないと思いますが。

区割り改定法案

区割り改定法案がやっと成立しました。

衆院選の「一票の格差」是正に向けた
選挙区定数「0増5減」に伴う
区割り改定法案です。

参院送付から60日以内に参院で
議決されなかったとして憲法59条の
「みなし否決」が適用されました。

24日の衆院本会議で、自民、公明両党などの
3分の2以上の賛成多数で再可決し、成立しました。
再可決による法案成立は4年ぶりだそうです。

野党は何故反対するのでしょうかね。
不十分かもしれませんが、まずは
成立させるべきです。

区割り法は4月23日に衆院を通過したが、野党側は
みんなの党が参院に提出した「18増23減」法案との
並行審議を要求したそうです。
加えて、民主党は昨年11月の自民、公明両党との
3党合意に基づき衆院の大幅な定数削減や
選挙制度の抜本改革も求めました。

こんなことを要求したら成立なんてしませんよ。
結局、衆議院で成立しました。

本当に野党はやり方が稚拙です。

中古住宅

中古住宅が人気になっているようです。

住宅各社が「中古住宅」事業に
力を入れているそうです。

国内の少子高齢化で新築市場が先細っています。
空き家の増加などで中古住宅に目を向ける
購入者が増えているそうです。

不動産鑑定士らによる評価で信頼性を高めたり、
ネット上の売買仲介サービスを導入したり
しているようです。

大和ハウス工業の子会社、
大和ホームズオンラインは今年1月、
中古マンションの売買サイト「住まいのバトン」を
開設したそうです。

サイト上に中古物件の査定額や設備、
間取り、立地条件などを明示することで、
売買を促すそうです。

こういうサイトはいいですね。
中古住宅の需要って多いと思いますよ。

石川遼予選落ち

男子ゴルフの日本ツアー選手権宍戸
第2日が21日、茨城県笠間市の
宍戸ヒルズカントリークラブ西コース
(7402ヤード、パー72)で行われました。

初日は最下位124位に低迷した石川遼
(21=CASIO)は8バーディー、
1ボギーの65をマークしたそうです。

通算1オーバーの145と巻き返したが、
2打足りず予選落ちとなりました。

石川が勝てませんね。

でも、マスコミや新聞は好意的ですね。
これだけ勝てないともっと辛口で
批判してもよいと思いますが。

石川の猛烈なチャージで盛り上がったとか、
悔しい予選落ちとなったとか好意的です。

おかしいような気がします。
勝っても負けてもマスコミや新聞に
取り上げた方が売れるのでしょうね。

ホンダのアコード

ハイブリッドで、ホンダも頑張っていますね。

ホンダは、新型セダン「アコード ハイブリッド」
(排気量2リットル、5人乗り)を21日に
発売するそうです。
燃費性能を重視した新しいハイブリッド方式を
採用したそうです。

燃費はガソリン1リットル当たり30キロ・メートル
(JC08モード)と中型セダンのハイブリッド車
(HV)としては最高水準だそうです。
HV市場で先行するトヨタ自動車に対抗する。

新しい方式だそうです。
モーターを最大限活用し、エンジンは安定した速度で
走れる高速時などに限定して燃費性能を
高めたそうです。
搭載はアコードが第1弾となる。

アコードは4年半ぶりの全面改良で、国内では
HV専用車だそうです。
燃費はトヨタの中型セダンHV「カムリ」(23・4キロ・メートル)を
大きく上回るそうです。

トヨタより燃費がよいのですか。
すごいですね。
ホンダも頑張っています。
こういう競争で日本メーカーは強くなるのでしょうかね。

東大の秋入学

東大の秋入学が当面見送りになるようです。
方針転換のようです。

秋入学をめぐっては、昨年5月以降、東大の呼びかけに
応じた旧帝大や早慶など11大学が
協議を重ねてきたそうです。

東大の“方針転換”に、各大学からは冷静な
受け止めとともに、戸惑いの声も上がっているようです。

背景には、企業の採用や国家試験の実施時期など
秋入学へ向けた社会環境の整備が進まなかった
ことがあるそうです。

でも、そんなのわかっていたことでは
ないですか。
それも検討した結果、秋入学を決めたのでなかったのでは
ないでしょうかね。

結局、何のために秋入学をするかの目的やメリットが
あいまいだと思いますよ。
企業の採用や国家試験の実施時期より目的や
メリットがあればやるべきです。

でもそこが明確でないと難しいですね。
周りの大学が迷惑でしたね。

中国の公用車

中国外務省が17日発表しました。

王毅外相の公用車が同日から中国の自動車大手、
第一汽車の「紅旗H7」になったそうです。
これまではドイツの高級車「アウディ」だったそうです。

習近平国家主席が打ち出した倹約令の
一環だそうです。
閣僚級の公用車が順次、高級外車から
「紅旗」に変更されるそうです。

中国の学者らは中国紙に対し「民族のブランドを
支持することにつながる」と述べるなど、
国産車の導入を称賛しているそうです。

景気が落ちていますから、当然、中国車の販売を
増やしたいですからね。
外資系企業にとっては、少し痛いですね。
特に高級車です。

スバルのハイブリッド車

富士重工業は、6月下旬から、同社初の
ハイブリッド車(HV)「スバルXVハイブリッド」を
発売するそうです。

人気のスポーツ用多目的車(SUV)の中で
燃費性能がトップとなるそうです。
ガソリン1リットル当たり20・0キロを
達成しました。

ハイブリッド機能と専用エンジンの効率改善で、
ガソリン車に比べ、約3割燃費が向上したそうです。

加えて、電動モーターがアシストする形で
加速性能を高める新しいHVの形を提案。
熱烈なスバルファン“スバリスト”の期待にも
応えたそうです。

スバルには、熱烈なファンがいますからね。
そうでないと、こんな小さな日本で販売
できませんからね。
他社も一目置いています。

なかなkいいと思います。
どのくらい売れるでしょうか。
注目です。

朝日新聞の世論調査

東京都議選についての朝日新聞の
世論調査です。

23日投開票の東京都議選で、都内の有権者を
対象に朝日新聞社が15、16日に世論調査(電話)を
行ったそうです。

自民候補に投票すると答えた人が22%だったそうです。
4年前の前回選挙調査の15%から増えたそうです。
民主は5%で前回の28%から大きく落ち込んだようです。
日本維新の会は2%だったそうです。

投票態度を明らかにしない人が57%あったそうです。
でも、ある程度はわかりますね。
完全に自民党の勝利です。

どこまで勝てるかですね。
野党は、もっとまとまる必要があると
思います。

ソニーが4K映画

ソニーが4K映画を配信するようです。

ソニーの平井一夫社長は14日、朝日新聞の
インタビューに答えたそうです。

インターネットを使って4K画質の映画を
配信するサービスを日本で導入するそうです。
ソニーの4Kテレビ購入者限定になるということです。

4K映画の配信は今年夏に米国で始める予定のようです。
平井氏は「改善点を見て日本でも始めたい」と語ったそうです。

テレビができても、コンテンツがないとダメですからね。
今回、コォンフェデレーションカップでもソニーは、
4K放送をテスト的ですがやるそうです。

ソニーに頑張ってもらって来年のワールドカップで
4Kの映像が見たいですね。

景気判断

政府は13日に6月の月例経済報告を
発表しました。

景気の基調判断を「緩やかに持ち直している」から
「着実に持ち直している」と2カ月連続で
上方修正しました。

米国の金融緩和縮小観測などを背景に、
株式市場の乱高下や為替の円高が進んでいます。
輸出の改善から生産が回復しています。
それらを加えたそうです。

輸出は、北米向け自動車の伸びなどで
「持ち直しの兆しがみられる」から
「持ち直しの動きがみられる」へ3カ月連続で
判断を引き上げたそうです。

生産はも2カ月連続で上方修正です。
雇用情勢もよくなっています。

全体的によくなっています。
株価は乱高下していますが。
あまり、投資家に左右されずに経済活動を
やる必要がありますね。

尖閣問題

領海警備の法案です。

自民党は11日、沖縄県・尖閣諸島周辺の警戒強化を目的に、
自衛隊に領海警備の権限を与える「領海警備保全法」の
骨子案をまとめたそうです。

領有権を主張する目的で日本領海内に侵入し
周回する外国船に対し、海上保安庁と連携して
退去を要請。

応じない場合の武器使用を認めたそうです。
連立を組む公明党は武器使用に慎重なため、調整の難航も
予想されるそうです。

2012年9月の尖閣国有化以降、周辺海域では中国海洋監視船の
領海侵入が相次いでおり、自民党は同年12月の衆院選で
「領海警備を強化する法律の制定に取り組む」と
公約していました。

いいことです。
公明党がまた足を引っ張るでしょうね。
自民党は、公明党との連立をやめるべきです。

公明党の議員は昔に比べて減っています。
本当は公明党ではなくて維新の会と連立した方が
よいのですが、失速しています。

国防問題では公明党とは連立できないと思いますよ。

 

米中会談の成果

米中会談が終わりました。
成果はあったのでしょうか。

中国共産党機関紙、人民日報が10日付社説で
「快挙を成し遂げた」と論評したそうです。
中国メディアは習近平国家主席の訪米の成果を
強調したそうです。

しかし、尖閣諸島を含む東シナ海や南シナ海に
おける周辺国との対立問題では、理解と配慮を
求めた習主席にオバマ大統領は“ゼロ回答”で
応じたそうです。

事前に期待していた発言は引き出せず、
異例の早期訪米に踏み切った習主席の
“外交的賭け”も、アジアにおける
中国の孤立解消につなげることはできなかったそうです。

アメリカは、尖閣問題だけではなくて、南シナ海の
問題もありますからね。

日本は、中国と韓国を除く、周りの国を
殆ど訪問しています。
安倍政権の成果ですね。

中国は孤立しています。
国内問題もたくさんあります。
習政権の今後は多難ですね。

でも習政権や中国が強硬でなかったら
安倍政権は生まれていませんからね。
憲法改正まで、強硬の方が日本の為かも
知れません。

アメリカのスポーツ選手の年収

米経済誌フォーブスによるスポーツ選手の
長者番付です。

男子ゴルフのタイガー・ウッズ(米国)が
年収7810万ドル(約76億円)で1位に
返り咲いたそうです。

2001年からずっとトップだったウッズは昨年、
不倫騒動によるスポンサー減などでボクシングの
フロイド・メイウェザー(米国)に首位を譲っていたそうです。

2位は男子テニスのロジャー・フェデラー(スイス)で
7150万ドル(約69億円)。
3位は、米プロバスケットボール、NBAのコービー・ブライアント(米国)、
4位は、レブロン・ジェームズ(米国)だったそうです。

日本選手では1960万ドル(約19億円)を稼いだ
米大リーグ、ヤンキースのイチローが77位だったそうです。

やっぱりアメリカの年収は多いですね。
タイガー・ウッズはさすがですね。
勝っていますからね。
戻ってきました。

石川遼はどうなったのでしょうか。
勝てないのにスポンサーはいますからね。

アメリカの雇用

アメリカの雇用が改善しているようです。

米労働省が7日5月の雇用統計(季節調整済み)を
発表しました。

非農業部門の就業者数は17万5000人増となり、
増加幅は前月より2万6000人多かったそうです。

ロイター通信が公表していた市場予想(17万人増)も
上回ったそうです。

失業率は、前月から0・1ポイント上昇して
7・6%と4か月ぶりに悪化したそうです。

失業率は下がったのですが、雇用は増えたのですね。
それで、株価も上昇しました。

米連邦準備制度理事会(FRB)は「労働市場の見通しが
大幅に改善する」まで、現在の量的緩和策を
継続する方針のようです。
雇用が明確に改善する目安は20万人増と
されているそうです。

まだまだですね。
でも、改善しているのはよいことです。

新車販売ランキング

5月の新車販売ランキングです。

業界団体のまとめです。
5月、国内で最も売れた新車は
トヨタのプリウスで1万8513台だったそうです。
8か月ぶりに首位に返り咲きました。

2位にはダイハツ「ムーヴ」、
3位にはホンダの「NBOX」が続いています。
10位以内に軽自動車が7台ランクインしているそうです。

燃費の良い小型車と低価格な軽自動車の
人気が鮮明になっています。

そして、日産が初めて開発から関わった
軽自動車「デイズ」を発売しました。
三菱自動車と共同開発しです。
ガソリン1リットルあたり29.2キロと、
業界最高水準の燃費が特徴です。

もうリッター30キロが普通になってきました。
燃費からいったら軽自動車ですね。
円安になってもガソリンの負担が少なくなります。

どんどん競争が激しくなります。

吉野家の売上

吉野家の売上が増加しているようです。

吉野家ホールディングスは5日、5月の
既存店売上高を発表しました。

傘下の牛丼チェーン「吉野家」の5月の
売上高が、昨年5月に比べ15・9%
増えたそうです。

4月18日から牛丼並盛を100円値下げして
280円にした効果が出たそうです。
客数も同31・0%増えたそうです。

値下げで1杯あたりの利益は減るが、年間を
通して売上高が昨年に比べ10%以上増えれば、
目標の利益率を確保できるということです。

吉野家も少しよくなっているのですね。
牛丼業界で勝つのは大変ですね。

参院選

参院選が迫っています。

参院選の公示までちょうど1カ月です。

安倍首相の発言です。
この参院選に勝ってはじめて、私たちは日本を
取り戻すことができる。
私たちがやりたい政策をもっとスピーディーに前に
進めていくことができる。
歯を食いしばってでも勝たなければならない。

確かにそうですね。
今回はどこまで勝てるかですね。

維新の会とみんなの党がどこまで票を
伸ばすかですね。
民主党や他の党は少なくなるでしょう。

これからに注目です。
橋下氏の発言がマスコミでたたかれて
いますが、国民はそうは思っていませんからね。
言っていることは正しいことです。
今回の選挙でわかります。

維新の会から橋下さんがいなくなったら
そこで終わりますよ。

中国の景況感

中国の景況感が悪くなっているようです。

英金融大手HSBCが3日、中国の景況感を示す
5月の製造業購買担当者指数(PMI)を発表しました。

確定値は49・2となったようです。
景気判断の節目となる50を下回り、景況感の
悪化を示しました。
速報値の49・6を下方修正したそうです。

中国国家統計局が今月1日に発表した
5月のPMIは50・8と、4月より上昇したそうです。

HSBCの確定値が50を割り込んだことで、
中国経済の先行き不透明感が広がりそうだという
ことです。

HSBCが5月23日に発表した速報値が
50を割り込んだことは東京株式市場の
株価暴落の要因となったそうです。

でもデータが2つあるのは、違和感がありますね。
どちらが正しいのでしょうか。
それだけ、中国の経済指標に信用が
ないのでしょうね。

石川遼

米男子ゴルフのメモリアル・トーナメントです。

1日、オハイオ州ダブリンのミュアフィールド
ビレッジGC(パー72)で順延となっていた
第2ラウンドの残りを行いました。

石川遼は3バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの
73で終え、通算3オーバー、147の68位で
6試合連続の予選突破を果たしたそうです。

67をマークしたビル・ハース(米国)が通算9アンダー、
135で単独トップに立ったそうです。
タイガー・ウッズ(米国)は74とスコアを
落として1オーバーの43位に後退したそうです。

石川遼は本当に勝てませんね。
予選突破でニュースになっています。

それでもスポンサーがついています。
勝てなくてもニュースになります。
非常に違和感があります。

やっぱりハングリーが足らないと
思います。
もっとスポンサー企業は考えないと
いけないと思いますが。

ヤマダ電機が南京から撤退

家電量販最大手のヤマダ電機が、
中国・南京から撤退するそうです。

上海近郊の南京出店を足がかりにする
計画だったが、1年余りでの撤退となったそうです。

中国最大の都市・上海進出が目的だったようです。
常勝を誇る日本でのノウハウも、中国では逆風に直面している。

南京店はヤマダにとって瀋陽、天津についで
中国の3号店として昨年3月にオープンしました。
約2万平方メートルの大型店だった。

中国で多いメーカー別の売り場作りではなく、
製品ごとに陳列。
明るい照明や店員による商品説明の充実など、
「日本流」を導入したそうです。

反日感情もあります。
景気の減速も大きいですね。
人件費の高騰もあります。
弱風ですね。

でもヤマダは決断が早いので次の一手を
考えていると思いますよ。
プロフィール

ken

Author:ken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク