FC2ブログ

イージス艦

北朝鮮の弾道ミサイル発射に備えて
「弾道ミサイル破壊措置命令」が出されました。

海上自衛隊のイージス艦「きりしま」が
31日朝、神奈川県の横須賀基地から出港しました。

イージス艦「みょうこう」(京都・舞鶴基地)と
「ちょうかい」(長崎・佐世保)も近く出港。

沖縄周辺の東シナ海に2隻、日本海に1隻が展開する。

3隻は海上配備型の迎撃ミサイル(SM3)を
搭載しており、ハワイ沖で発射試験を
済ませています。

きりしまとちょうかいは2009年4月に
北朝鮮がミサイルを発射した時も展開しました。

今回は、沖縄、台湾、シンガポールの
近くに落下しますから。
気を付ける必要があります。

迎撃の精度を検証することができます。
スポンサーサイト



静岡空港

静岡県は29日、4月17日から
運航予定だった静岡空港(同県牧之原市)と
中国湖南省長沙市を結ぶ中国南方航空の
チャーター便16便がキャンセルになったと
発表しました。

同航空などは、南京事件を否定した
河村たかし名古屋市長の発言で予約が
激減したことや、14日に千葉県東方沖で
最大震度5強の地震が起きたことなどを
理由に挙げているそうです。

名古屋には、セントレアがあるのに、
静岡空港なんか必要ないですよ。
この機会になくせばよいと思いますが。

赤字になっていると聞いていますし。

いらないと思いますよ。

陸自部隊沖縄へ

北朝鮮が長距離弾道ミサイル発射を
おこないます。

対応するため、田中直紀防衛相は
27日、自衛隊に準備命令を出しました。

米軍や関係自治体との調整を本格化させています。

沖縄を中心にイージス艦や地対空誘導弾
パトリオット3(PAC3)を配備。

新たに沖縄・与那国島にも陸上自衛隊部隊を
展開させる方針です。

準備命令は、自衛隊法に基づく「弾道ミサイル破壊
措置命令」を前に、現地調査や自治体との調整を
指示する内容です。

イージス艦でミサイルを迎撃し、撃ち漏らした場合は
PAC3を発射するという2段構えの作戦です。

準備命令では「日米間で緊密な連携を図る」と明記し、
日米共同で弾道ミサイル防衛(BMD)に臨む
「日米共同調整所」(米軍横田基地内)を活用する
考えです。

今回は、台湾の近くを通ります。
台湾の人は、どうなのでしょうかね。

北朝鮮のミサイル

北朝鮮のミサイルに対する
韓国の反応です。

韓国国防省の副報道官は26日、
北朝鮮が「人工衛星打ち上げ」として
予告している長距離弾道ミサイルの発射に
ついて発言しています。

軌道を外れて韓国の地上に落ちてくる
場合に備え、「軌道の追跡や迎撃ができるよう
対策をとっている」と述べたそうです。

北朝鮮が国際機関に通報した情報では
「打ち上げロケット」の1段目が韓国南西部・
辺山半島の沖140キロに、2段目はフィリピンの
東方沖190キロに落ちる予定です。

この通りに飛べば、韓国の地上には落ちませんが。

でも、韓国は、迎撃できるシステムを持って
いないと思います。
PAC3はあるかも知れませんが。

本来であれば、韓国が迎撃すべきなのですよ。
日本ではなくて。

北朝鮮も韓国もおかしな国です。

グーグルの検索機能

グーグルの検索機能で被害が出ている
ようです。

インターネット検索大手「グーグル」の
検索で単語を入力すると、自動的に関連語句を
予測して表示する「サジェスト機能」があります。

これによってプライバシーを侵害されたとして、
日本人男性がグーグルの米国本社に表示差し止めを
求める仮処分を申請し、東京地裁(作田寛之裁判官)が
認める決定をしていたそうです。

男性の代理人を務める富田寛之弁護士によると、
数年前から男性の氏名やその一部を入力すると、
この機能によって犯罪を連想させる関連語句が
表示されるようになったそうです。

これを選ぶと、男性が犯罪に加担したかの
ような内容の中傷記事が1万件以上も並ぶように
なったということです。

男性は就職を内定後に取り消されたことがあり、
その際、会社側から「ネット上の記事が理由だ」と
告げられたということです。

ほかの会社の就職試験もうまくいかず、
調査会社に依頼したところ、やはり記事が
原因ではないかとの報告をうけたそうです。

そんなことがあるのですね。
東京地裁でも判決がでたのですね。

これは、問題です。
グーグルは早急に対策する必要が
ありますね。
他にもどんどんでてきます。

AIJ問題

AIJ問題が企業に影響が出ています。

AIJ投資顧問による年金資産の消失問題で、
日本ユニシスは23日、2012年3月期連結決算で
55億円の特別損失を計上すると発表しました。

同社の企業年金基金は資産総額の6.6%にあたる
約56億円の運用をAIJに任せていたそうです。


同社は、残りの資産の運用益で損失を補うことで、
従来通りの年金給付を続けるとしているそうです。

日本ユニシスのように、体力のある企業は
影響は少ないですが、中小企業は大変ですね。

企業年金を厚生年金部分を企業が
損失を補てんするのは大変です。

これで、倒産する企業も出てきますね。

この厚生年金部分を国が立て替えるのも
またおかしくなります。
自分で運用するということで国から
借りていますからね。

影響が広がっています。
AIJだけではなくて他にも同じような
会社があるのではないでしょうか。

ウナギの高騰

ウナギの稚魚が減少していることで
価格が高騰しているようです。

シラスウナギの記録的な不漁を受け、
水産庁は22日、「シラスウナギ対策会議」を
開きました。

研究者や漁獲県の担当者ら約50人が資源回復策を
話し合いました。

同庁によると、昨年12月の解禁からとれておらず、
記録的な不漁は3季連続という過去に例がない事態ということです。

中国や台湾などでも同様で、輸入も激減。

養殖池に入る量は昨季の7割にとどまっているそうです。
蒲焼(かばや)き価格も高騰しています。

この日の会合で、独立行政法人・水産総合研究センターが
来年度から5年間で完全養殖による量産技術に取り組むと発表。

一方で、即効性のある対策を求める声も出た。

東京大大気海洋研究所の塚本勝巳教授は「親ウナギの漁獲規制を
すぐにやらないと絶滅する」と訴えたそうです。

国際的な資源管理の枠組みを、日本主導で作るべきだと
いった意見も出たそうです。

完全養殖を早急に進めるべきです。
できるまでは、ウナギは食べないことです。

そうでないと、本当に絶滅しますよ。

トヨタのアクア

トヨタのアクアがアメリカで人気の
ようです。

トヨタ自動車が2011年末、日本国内で
新型ハイブリッドコンパクトカー、『アクア』を
発売しました。

このほど、同車の米国での販売が始まりました。
異例の人気となっているそうです。

これは16日、トヨタ自動車の米国法人、
米国トヨタ販売が明らかにしたものだそうです。

同社の発表によると、アクア(米国名:『プリウスc』)は
12日の米国発売から3日間で、1201台を販売。

米国に投入されたトヨタ車としては、発売3日間で
過去最高の台数を売り上げたという。

米国トヨタ販売によると、この1201台という数字は、
GMのシボレー『ボルト』と日産リーフの2月の月販台数、
それぞれ1023台、478台を、わずか3日で超えた計算だそうです。

米国トヨタ販売のボブ・カーター副社長は、
「市街地で22.5km/リットルの燃費や、
1万9000ドル(約158万円)を下回るベース価格が
販売好調の要因」と分析しているようです。

日本でも人気が出ています。

アメリカの景気もよくなっているのも
追い風です。

でも、以前のアメリカもプリウスのリコール問題は
何だったのでしょうかね。

沖縄にPAC3

北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイルを
発射すると予告しました。

野田政権は19日、沖縄県に地対空誘導弾パトリオット3
(PAC3)やイージス艦を配備する方向で調整に
入りました。

PAC3は宮古島を軸に検討しているそうです。

田中直紀防衛相は19日、防衛省で対応を協議。

発射台へのミサイル設置や燃料注入などは
確認されていないという。

田中氏は19日の参院予算委員会で「沖縄県はじめ
我が国の人命、財産への被害を防止するよう万全を期す。
2009年の例を踏まえる」と明言。

北朝鮮がミサイルを発射した09年4月と同様に
「弾道ミサイル等に対する破壊措置命令」を発令する
考えを表明した。

09年はイージス艦3隻とPAC3を首都圏や
東北地方に配備した。

今回も同じですね。
でも、少しでもそれると沖縄や、台湾、中国、
フィリピンなどにミサイルが落ちる可能性が
ありますね。
対策する必要があります。

次世代の高速通信

ICT総研は3月7日、次世代高速データ通信の
電波状況実測調査の結果を発表しました。

同調査では、次世代高速データ通信対応の
端末とノートPCを接続して電波状況を
調べるという形式に統一して実施されました。

2月24日に、2.5GHz帯を使ったソフトバンクモバイルの
「SoftBank 4G」が開始されました。
NTTドコモの「Xi」、UQコミュニケーションズの「UQ WiMAX」と、
大手通信事業者3社の次世代高速データ通信サービスが出揃いました。

通信事業者別では、サービス開始直後の「SoftBank 4G」の
圧倒的な通信速度が目立ったようです。

東名阪26地点の下り平均速度が昼8.55Mbps、
夜5.29Mbpsと、昼は次点の「UQ WiMAX」
の2.2倍、夜は次点の「Xi」の2.6倍の速度を記録しました。

他3社の平均が昼3.39Mbps、夜1.95Mbpsであり、
これと比べると昼は2.5倍、夜は2.7倍の速度となるそうです。

ソフトバンクですか。
一応も目安からですね。

でも、データ量がどんどん増えていますが、その対策も
おこなっているのでしょうかね。
料金はどんどん高くなって、データを制限するなら
本末転倒です。
 

日立の採用

日立製作所は2013年春の入社を中核とする
「13年度採用計画」を16日発表しました。

連結子会社を含むグループ全体の国内採用人数は
前年度の6千人より1千人(約17%)少ない
5千人に抑えるそうです。

一方、海外は前年度並みの約1万人を採用するそうです。

海外事業の拡大に伴い、人材面の海外シフトも
加速させるそうです。

国内採用を5千人に抑えるのは10年度以来3年ぶりです。

日立製作所本体の国内採用も前年度の950人より
150人(約16%)少ない800人と、
ここ10年ぐらいでは最も低い水準という。

内訳をみると、新卒採用は、大学・高専卒が前年度より
150人減の600人(技術系500人、事務系100人)。

このうち約1割は外国人を採用する。即戦力を重視し、
経験者の中途採用は100人増の150人にする一方、
高卒は100人減の50人にするそうです。

電機は、赤字ですからね。
そして、円高です。

海外を増やすのもわかります。

学生も、これからを考えて選択すべきです。
いろいろな企業がありますから。

スイフト・ルパン

スズキのグローバルコンパトカー、
新型『スイフト』です。

イタリアでは、同車にユニークな
限定モデルが設定されました。

スズキのイタリア現地法人が、人気アニメ
『ルパン三世』とタイアップして
開発した「スイフト・ルパン」を限定発売するそうです。

限定車のボディカラーは、ルパンの定番衣装、
赤いジャケットをモチーフにしたレッド。

フロントグリルやフォグランプなどには、
高級感を演出するクロームの縁取りが施される。

ユーモアを感じさせるのは、新車登録から10年間、
盗難保険が無料で付帯している点です。

スズキのイタリア法人は、「ルパンからのアドバイスだ」
とコメントしているそうです。

しゃれていますね。
ユーモアがあります。

イタリアでもルパンにアニメは有名なのですね。

これを、日本でも販売すれば売れると
思いますよ。

スイフトは前も、スイフトにサムライのロゴが
入った車があったと思います。
それも、海外で販売されました。
日本でも、絶対に売れると思いますが。

 

マツダの新型SUVが人気

マツダの新型SUVが人気があるようです。

マツダは15日、2月16日に
新型SUV(スポーツ用多目的車)
「CX-5」を発売しました。

3月14日までの約1カ月間の
累計受注台数が、国内の月間販売目標の
8倍に当たる約8000台に上ったと発表しました。

新型車は、ガソリン車とクリーンディーゼル車が
あり、ディーゼル車の受注が73%を占めたそうです。

顧客層は30~40代が5割以上。現時点では納車まで
2~3カ月かかるという。

ロシアやオランダなど海外でも販売が好調で、この日
会見した山内孝社長は、「年間の世界販売目標である
16万台以上を達成できると確信している」と語ったそうです。

ディーゼル車もどんどん進化しています。
燃費も驚くほどよくなっています。

ヨーロッパでは、ディーゼルが主流ですから
売れるのはわかりますが、日本でも
売れるのはすごいと思います。

若い人はわかっているのですね。

組合員が大阪市を提訴

大阪市の橋下徹市長が業務命令として
実施した、政治活動や組合活動について
尋ねる職員アンケートの問題です。

大阪市労働組合連合会(市労連)は12日、
思想信条の自由を侵害されたとして、複数の組合員が
市に損害賠償を求める訴訟を起こすことを
確認したそうです。

同日、市労連幹部らが顧問弁護士と協議し、
訴訟の支援を決めた。

今後、原告の人数や賠償請求額、被告に橋下市長や
調査を主導した市特別顧問、野村修也弁護士を
加えるかどうかなどについて最終調整するそうです。

アンケートは、野村氏を中心とする第三者調査
チームが実施したが、野村氏は大阪府労働委員会の
中止勧告を受けて開封を凍結したほか、今月末での
破棄が事実上決まっているそうです。

大阪の公務員は、ダメですね。
こういう公務員は、全部解雇したら
いいのです。

橋下市長に頑張って欲しいですね。
ダメな公務員や教職員は、全部やめさせて欲しいですね。

パナソニックの海外工場

パナソニックがアフリカに海外工場を
作るそうです。

パナソニックは9日、2016年度をめどに、
アフリカに初の白物家電の工場を建設する
方針を明らかにしました。

白物は欧米やインド、ブラジルの市場開拓に
力を入れており、未開拓のアフリカにも足場を
作ることで世界展開を加速させるそうです。

テレビなどデジタル家電は苦戦が続くが、
白物を中心としたアプライアンス事業は
今期も7%前後の営業利益率は確保する見通しです。

一方でテレビなどに比べて未開拓な地域も多く、
世界展開を急いでいます。

15年度には売上高を約4割増の1兆8千億円、
利益率は10%前後を目指す方針のようです。

アフリカでの工場建設はその次の展開として検討。

欧州への出荷も視野に北アフリカを中心に場所の
選定を進めており、運搬コストが高い冷蔵庫の
生産から始めたい考えのようです。

次は、アフリカですか。
どうなるでしょうかね。
中国や韓国もアフリカに進出するようです。
日本メーカーに頑張って欲しいですね。

景気ウォッチャー調査

2月の景気ウォッチャー調査です。

内閣府は8日、2月の景気ウオッチャー調査を
発表しました。

2~3カ月後の先行きを示す判断指数(全国)が
前月より3ポイント高い50.1になりました。

リーマン・ショック前の2007年4月以来
約5年ぶりに、横ばいを示す「50」を上回りました。

約半年ぶりに1ドル=80円台の円安ドル高水準となり、
景気の見通しを上向かせたようです。

この調査は商店主らに景気の実感を聞いている。

判断が上向いた理由として、1ドル=70円台後半の
「超円高」が緩和された点をあげた人が多かったと
いうことです。

2月初旬には1ドル=76円台だった円相場は、
日本銀行が2月半ばに事実上のインフレ目標を
設定したのを転機に、2月末には81円台にまで
円安ドル高にふれました。

「円安に伴う輸出増加が好材料となり、生産の増加が
見こまれる」(東海・金融業)との声があったようです。

やっぱり、円高の影響が大きいでしょうね。
実際よりもマインドに関係します。
毎日、マスコミが円高とかいうのが大きいと思いますよ。

自動車産業や電器産業にとってはよいと思いますが。
 

北九州市への震災のがれき

北九州市議会(定数61)の自民党会派は7日、
東日本大震災の被災がれきを受け入れるよう
市に求める決議案を出すと決めました。

21議席を占める最大会派で、他会派もがれき
受け入れに否定的な議員は少ないため、23日の
本会議で採決される見通しのようです。

市は昨年、がれきの受け入れを検討したが、
放射性物質による汚染を不安視する声が市民の間に
広がり、北橋健治市長は「世論が固まっていない」として、
慎重な考えを示していた。

女性らによるグループも1月、受け入れないように
求める要望書を市に提出しているそうです。

自民は今議会の一般質問で、安全性を確保したうえで
受け入れるよう市に求めたが、積極的な答弁を
引き出せなかったため、決議案の提出を決めたそうです。

でも、どこかで受け入れる必要があります。
日本人は助け合う必要があります。

自分たちが同じ立場だったらどうするのか
考える必要があります。

通るかわかりませんが、いいことだと
思います。

ブラジルのGDP

ブラジルのGDPが悪くなっているようです。

ブラジルの地理統計院(IBGE)は6日、
2011年の実質国内総生産(GDP)を
発表しました。

前年比2.7%増だったそうです。

7.5%増だった前年に比べ、大きく
減速しました。

それでも、11年のブラジルのGDPは
英国を上回り、世界6位になったと
地元メディアは報じているそうです。

10年末からインフレ懸念を受けブラジル政府は
金融引き締め策を実施。
11年の経済減速につながったようです。

個人消費は4.1%増。
産業別では、農業分野が3.9%増、サービス分野が
2.7%増だったが、鉱工業は1.6%増に
とどまりました。

新興国も徐々に減速しています。
中国も成長率が落ちています。

早く、輸出から内需に転換しないと
いけませんね。
難しいですが。

アメリカのヤフー

米Yahooが数千人規模の人員削減を
計画しているそうです。

Yahooの新しい最高経営者(CEO)であるScott Thompson氏が
広報、マーケティング、研究、および「その他の事業」に
おける人員削減を計画しているそうです。

経営者が変わりましたからね。

Yahooの目的はいたってシンプルだそうです。

一部の分野における経費を削減し、浮いた資金を
収益成長が見込まれる事業に投資するそうです。

日本のヤフーは、利益をあげていますが、
アメリカは厳しいようです。

アメリカでは、ヤフーは、マイクロソフトの
検索エンジンを使っています。

日本のヤフーはグーグルです。

アメリカもこれからですね。

ビタミンEの過剰摂取

ビタミンEの過剰摂取はよくない
ようです。

マウスやラットにビタミンEを過剰に
摂取させる実験を行ったところ、骨が
減ってもろくなる骨粗しょう症になったという
発表があったそうです。

慶応大や東京医科歯科大、大阪医科大などの
研究チームが4日付の米医学誌ネイチャー・
メディシン電子版に発表しました。

ビタミンEは植物油やマーガリン、アーモンド
などに多く含まれるが、通常の食生活で
過剰摂取になることはないそうです。

しかし、細胞レベルの抗酸化作用が知られ、
美容や老化防止に役立つとしてサプリメントの
人気が高いそうです。

サプリメントを多くのんでいる人の集団で、
骨量に影響がないか調べる必要があるということです。

厚生労働省の食事摂取基準では、ビタミンEの
大人の目安は1日7ミリグラム程度で、上限は
同800ミリグラム。

米国では上限が同1000ミリグラム。
慶応大医学部の竹田秀特任准教授らは、
大人の摂取上限量をマウスやラットの体重に
合わせて換算し、毎日餌に混ぜて2カ月間与えたそうです。

骨は破壊と形成を繰り返して維持されるが、
2カ月後には骨を壊す破骨細胞が大きく
なって骨量が減り、骨粗しょう症になったそうです。

過ぎたるは及ばざるがごとしですね。
何でもほどほどですね。
 

AIJ問題

独立系投資顧問会社「AIJ投資顧問」
(東京都中央区)の問題です。

企業から運用を受託している企業年金の
大半が消失していました。

金融庁は24日、虚偽の説明をしていたとして、
1カ月の業務停止命令と業務改善命令を
出しています。

でも、その投資会社がアンケートで1位だったと
書いた情報誌がありました。

「格付投資情報センター」(R&I、東京都中央区)が
発行する情報誌「年金情報」が、約2千億円の
年金資産を消失させた「AIJ投資顧問」(同)
について、顧客のアンケート評価で1位だったとする
記事を掲載していたそうです。

同誌は多くの基金の運用担当者が
購読しているとされ、実際に基金側が判断の
参考にしたケースもあった。

記事による“お墨付き”が、結果的にAIJの
資産受託額を増大させたようです。

非常に責任がありますね。
どういう理由で1位にしたのか、聞きたいですね。

結局、企業の年金に資産がなくなりました。
ひどい話です。

東京電力の事業計画

経済産業相に提出する東京電力の
「総合特別事業計画」の概要が
わかってきたようです。

経営危機に陥っている東京電力が国から
支援を受けるためです。

東電の将来像を示すものです。
収支の見通しのほか、火力発電部門などを
社内で分社化する「カンパニー制」の導入も
盛り込んでいるようです。

経営陣も取締役の過半数を社外取締役とするなど、
改革姿勢を打ち出すようです。

東電と原子力損害賠償支援機構は、3月中に
この総合計画をまとめる方針です。

機構による1兆円規模の出資は、資金繰り
面の大きな柱だが、議決権をめぐる調整は
続いています。

3分の2超の議決権を主張する
枝野幸男経産相に対し、経営の主導権を
渡したくない東電側は抵抗しているようです。

難しいですね。
国の税金を使います。
国の管理が必要になるのもわかります。

プロフィール

ken

Author:ken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク