FC2ブログ

野球アジアAAA選手権

野球アジアAAA選手権が行われて
いるようです。

野球のアジアAAA選手権(朝日新聞社など後援)
第3日は30日、横浜スタジアムなどで予選リーグの
残り4試合があり、すでに準決勝進出を決めている
日本は台湾に3―1で競り勝ち、3戦全勝で
B組1位通過を決めたそうです。

準決勝は台風の影響を考慮し、予備日の31日に
繰り上げて横浜スタジアムで実施されるようです。

これは、何の試合でしょうか。

よくわかりません。

野球も、面白くなくなりました。
テレビや新聞は、野球の試合の
結果を毎日放送しています。

でも、全然見なくなりました。

特に若い人は、野球よりサッカーに
なっています。
スポンサーサイト



中国の生産から撤退

中国の記事です。

現在、欧米や日本の既製服のほとんどが
中国製であり、高級ブランドも例外ではありません。

中国ではサプライチェーンの末端に位置する
労働集約型産業ではあるが、労働者は豊富だった。

しかし近年、日本企業が中国での生産から
相次いで撤退する動きが目立ち始めています。

「洋服の青山」を展開する青山商事や「無印良品」の
良品計画が中国での生産の大幅な縮小を
発表しています。

現在、青山商事の中国生産比率は75%、
良品計画は60%で、2社とも3年後には50%まで
下げる予定だという。

青山商事はすでにベトナム、ミャンマー、
カンボジアでの拠点を確立、

今年中にインドネシアでも委託生産を開始予定で、
生地はこれまでどおりイタリアと中国で
生産するが、縫製は東南アジアに移す予定だ。

一方、良品計画も229の協力工場を86にまで減らし、
家具や日用雑貨は東南アジアの木材産地で直接生産する。

また、「ユニクロ」を展開するファーストリテイングも
中国以外での生産規模を拡大しています。

日本企業が生産拠点としての中国から撤退する理由は、
上昇を続ける労働コストだ。

ここ数年、中国の労働コストは倍以上に上昇し、
人民元も上昇し続けています。

中国の市場もありますが、人件費の方が高く
なっています。

中国は、日本企業が中国にいる間に
ノウハウを吸収して、中国企業を育てれば
良かったのですよ。

もう遅いですが。
繊維産業って、手作業ですからかなりの
雇用が生まれます。
中国政府や地方政府の方針の遅れですね。

パソコンの記憶容量

パソコンの記憶容量が増えるそうです。

電子部品大手TDKは、データ保存に使われる
ハードディスク駆動装置(HDD)の記録容量を
2倍以上にする新技術を開発しました。

パソコンやテレビなどの記録容量が一気に倍増する。
来年末の量産化を目指す。

HDDは、回転する金属板(ディスク)に
磁気ヘッドを近づけ、電子情報を書き込んだり、
読み出したりする装置。新技術は磁気ヘッドに
レーザー光源をつけ、情報を書き込む直前に
ディスクにレーザーで熱を加えることで、
情報が書き込みやすくなるそうです。

2.5インチ(ディスク1枚)のHDDは、
標準の容量が500ギガバイトほどだが、
新技術では1テラバイト以上になるということです。

でも、最近はあんまり増えても使い道が
ないですね。

映画やテレビで、みるコンテンツが
あまりありません。

やっぱり、ハードだけではなくてソフトや
コンテンツもほしいですね。

ジョブズ氏の退任

米アップルのスティーブ・ジョブズ
最高経営責任者(CEO)がCEO職を
辞任するようです。

スマートフォン(高機能携帯電話)や
タブレット端末市場は競争がどんどん
激しくなっています。

ジョブズ氏がいなくなって、
勝てるでしょうか。

昔、アップルは、ジョブズ氏を追い出しましたが
また、呼びました。
そして、快進撃です。

そのカリスマもいなくなります。
独創的な、製品が開発できるでしょうかね。

アメリカは、1人の天才で会社が
動きます。

アップルは、これからが正念場です。

パナソニックと三洋の電池

10月の世界最大級のソーラーカーレースで
優勝の期待がかかる東海大チームです。

24日、三洋電機が開発した「HIT太陽電池」と
パナソニックのリチウムイオン電池を使うと
発表しました。

両製品はパナソニックグループが特に力を入れ、
来年1月の組織再編で同じ部門に統合される予定。
今回は一足先に総合力が試される。

東海大チームが挑むのは、オーストラリアで
10月16~23日に開かれる「ワールド・
ソーラー・チャレンジ」。

前回の2009年はシャープ製の化合物系太陽電池で
優勝したが、今回は化合物系が不利になる規則変更があり、
シリコンを使ったHITを初めて採用した。

HITは、光を電気に変える変換効率がシリコン系
としては最高水準の約22%。
変換された電気はパナソニックのリチウムイオン電池で
蓄電するそうです。

いいですね。

三洋の電池もよいですから、パナソニックも
よかったと思いますよ。
日本の電池メーカーが強くなります。

優勝してほしいですね。

薄型テレビの価格

薄型テレビの価格が急落しています。

東日本大震災の被害が大きかった東北3県を除く
44都道府県が、地上デジタル放送に完全移行しました。

24日で1カ月たちます。

駆け込み購入が続いた地デジ対応薄型テレビの
販売台数が、急速に減っているようです。

価格の下落も激しく、業界では高機能や
大画面などの性能向上のほか、ネットワーク
家電としての魅力の提案などに力を入れ、
巻き返しを図るようです。

地デジの影響があるのは、わかって
いたことです。

でも、今回、薄型テレビを購入した人は、
当分は、買いませんね。

アップルのように、新しい生活スタイルを
発見する機器を開発しないといけないと
思います。

昔のソニーのように。

前原氏、民主代表選へ出馬

前原氏、民主代表選へ出馬するようです。

民主党の前原誠司前外相(49)は22日、
菅直人首相(党代表)の後継を決める党代表選に
立候補する意向を固めたそうです。

前原氏は報道各社の世論調査で首相候補として
期待度が高く、前原氏の立候補で代表選の
構図が大きく変わるのは必至のようです。

一方、前原氏との連携を期待して立候補の準備を
進めてきた野田佳彦財務相(54)も
立候補するようです。

民主党は人材不足です。

鳩山、小沢、管という代表レベルでも、
期待外れでした。

もう民主党には期待はしていません。
その中で、前原氏が国民に人気があるので
出馬するのでしょうね。

鳩山、小沢、管氏よりは、よいと思いますが。

民主党の正念場です。

AT&TがiPhoneを発売

AT&T幹部が従業員らに対し、次期「iPhone」を
2011年10月に発売することを認めたということです。

iPhoneの次期バージョンは9月後半に発表され、
10月初旬に発売されるというのが、一般的な
憶測になっているようです。

次期iPhoneは、AT&TとVerizon Wirelessの両社から
同時に発売される見込みのようです。

アップルも次から次に新製品を投入して
いきます。

どんどん新しい製品が発売されます。

グーグルのアンドロイドはどうなのでしょうか。

グーグルがモトローラモバイルを買収しましたから、
これからの端末の販売に影響を与えるでしょうね。

競争が激しくなります。

スマートフォンや、タブレットがどんどん
進化しています。

電力の使用量

18日は、全国的に猛暑日となりました。

37年ぶりに「電力使用制限令」が
発動された東京電力管内の最大使用電力が、
午後2時台に4936万キロワットに達しました。
今夏の最高を更新した。

ただ、供給力に対する電力使用率は90%に
とどまっているようです。

政府が全国的に節電を要請した今夏だが、
19日には暑さもやわらぐ見通し。
節電の夏も終わりが近づいているようです。


東電管内の最高気温は、都心でも36.1度を
記録する猛烈な暑さとなった。

電力需要は午前10時台に前日の
最大電力を超えた。

使用率が90%に達したのは、7月以降初めてだが、
まだ供給には余裕があったようです。

ほかの電力各社の使用率も73~92%に
とどまっているようです。

節電の効果ですね。

工場は休日に動いています。
国民は、皆、節電しています。

今後、電力をどうするか国民で議論する
必要があります。

南シナ海の天然ガス

香港紙明報は17日、中国国有石油大手の
中国海洋石油が広東省珠海の東南沖
約320キロの南シナ海で、国内初の
深海天然ガス田の開発に着手したと報じました。

珠海市の高欄港経済発展区幹部の話として
伝えました。

詳細は不明だが、中国とベトナム、台湾が
領有権を争う西沙諸島の北東約500キロ付近の
海域とみられます。

ガス田は「茘湾3―1号」と名づけられ、
中国海洋石油が460億元(約5520億円)を投入。

初期的な探査を行い、埋蔵量は東シナ海で開発を進める
「春暁」(日本名・白樺〈しらかば〉)を
大幅に上回る1500億立方メートルを
見込んでいるようです。

中国は、世界中で資源を買っていますが
かなり、問題があって動いていない
ようです。

南シナ海まで、掘る必要があるくらい
大変なのでしょうね。

ここは、台風もたくさんきます。
掘るのも大変です。

周りの国の反発もあります。
これから注視する必要があります。

汚染水浄化装置

やっと日本製の汚染水浄化装置が
できました。

東京電力は16日、福島第一原子力発電所内の
高濃度の放射能汚染水を浄化する新たな装置、
通称「サリー」の試運転を始めました。

6月中旬から稼働している米キュリオン社の
セシウム吸着装置や仏アレバ社の薬液による
除染装置と組み合わせて使うことで、汚染水処理の
安定性を高めるのが狙いです。

サリーは東芝などが開発した。

セシウム吸着装置に似た構造で、放射性物質を
吸着する合成ゼオライトとチタンケイ酸塩を
円筒形の容器に詰め込んで直列につなげ、
汚染水を流して浄化します。

実際に処理する汚染水より放射性物質の
濃度がやや低い汚染水を使って17日夜まで
試運転をし、性能を確かめた上で、高濃度の
汚染水を使った本格稼働を始めるようです。

外国製は故障ばっかりです。

やっと日本製ができました。
うまくいけば、日本製に切り替えた方がよいと思います。

ホンダの新型軽自動車

ホンダは年内に約3年ぶりとなる
新型の軽乗用車を投入するようです。

「ライフ」「ゼスト」に続く軽の
主力モデルで、低燃費の新開発エンジンを搭載した
室内空間の広い背高ワゴンタイプです。

約23年ぶりに鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で
軽自動車向けのエンジン製造を始め、

車両組み立てまでの一貫生産体制を構築する。

2012年以降も複数の新型軽を発売。

13年度をめどに軽の年間販売台数を現状比10万台超上積みして
25万―30万台に引き上げる。

ホンダは早期に登録車を含めた国内販売台数を
年70万台(11年度見通しは60万台)に
引き上げる方針で、上乗せ分の大半を軽でまかなう。

ホンダも軽自動車に力を入れるのですね。
競争が激しくなります。

グーグルプラス

グーグルが新しく発表した
ソーシャルネットワーク・サービス(SNS)、
Google+(グーグル・プラス)が破竹の勢いで
ユーザーを増やしています。

公開された6月末からおよそ1ヵ月経った
8月初めの時点で、登録ユーザー数は2500万人。

フェイスブックの7億5000万人にはもちろんかなわないが、
こちらのほうは7年かかっての数字だ。

しかも、グーグル・プラスは、まだ招待制の
試行運転期間中にすぎない。

それでも話題性も好感度もかなり高く、
このぶんでは年末までにツイッターを超えて、
フェイスブックに迫る第2のSNSに躍進する可能性も
あるそうです。

グーグルプラスは、フェイスブックの不満点を
改善しているのも増えている要因のようです。

一般的に、インターネットは、最初の企業が
絶対的に有利だと言われてきました。

でもグーグルは違うようですね。

迎え撃つフェイスブックは、初めて現れた
強敵を前にして、明らかに焦燥感を募らせて
いるようだ。

グーグル・プラスがスタートして以降、
スカイプと提携してビデオチャットを取り込んだり、
中小企業向けのサービスを発表したりと大忙しである。

グーグル・プラスが短期間でこれほどの人気を
集めるとは、予想していなかったのでしょうか。

任天堂

任天堂の株価が低迷しています。

任天堂の株価が12日、大阪株式市場で
一時、前日終値比650円安の1万780円まで
値を下げました。

取引時間中の年初来安値を更新しました。
終値は同530円安の1万900円です。
東京市場でも一時、年初来安値となる1万780円を
付けました。

携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の販売が
不振で、11日から希望小売価格を1万円値下げして
1万5千円で販売。

値下げで再び嫌気されたとみられる。

同社が7月28日に発表した
2011年4~6月期連結決算は、
営業損益が377億円の赤字でした。
(前年同期は233億円の黒字)

株価も落ちています。
ビジネスモデルの限界です。

これからどうするでしょうかね。
任天堂の真価が問われています。

アメリカ株が乱高下

アメリカ株が乱高下しています。

落ちたかと思ったら、昨日はあがりました。

11日のニューヨーク株式市場は
大幅に反発していました。

ダウ工業株平均は一時、前日終値比で300ドル超
上昇して1万1千ドル台を回復しました。

午前11時半(日本時間12日午前0時半)時点は
同255.73ドル高い1万0975.67ドルだった
そうです。

前日に急落した株を中心に買い戻しの動きが
優勢になりました。

米シスコシステムズの決算が堅調だったことも
好感されたようです。

何があっても下がります。
そして、ちょっとしたことで上がります。

アメリカの景気や金融不安、ヨーロッパの
金融不安で株価があがることはないのですが
あがります。

乱高下しています。

株価は、金融不安がなくなるまで
落ち着かないかもしれません。

中国高速鉄道

中国の盛光祖・鉄道相は10日、
新華社通信の取材に対し、浙江省温州で
起きた高速鉄道事故を受けて最高時速を
約50キロ引き下げることを明らかにしました。

温家宝首相が主宰した国務院(政府)
常務会議で決定されたそうです。

最高時速は上海―杭州間の現行350キロが
300キロに、北京―上海間などの300キロは
250キロに、200キロ区間は160キロに
減速されます。

経済紙「21世紀経済報道」によると、
減速化は高速鉄道以外の旅客路線にも及び、
全旅客路線の6割が影響を受けるということです。

でも、事故の本当の原因はなんだったのでしょうか。
信号機の故障でしょうか。

よくわかりません。

信号機の故障だと、速度を減速しても
事故はなくなりません。

なんとなく、違和感があります。
中国への旅行は気を付ける必要が
あります。

サムスンのGALAXY Tab

サムスンのGALAXY Tab10.1が、EUで
販売の仮差し止めになっているようです。

Appleとサムスン電子の間の法的な争いは
欧州にまで拡大しています。

欧州ではAppleが、「GALAXY Tab 10.1」の
販売を欧州連合(EU)のほとんどすべての
国において禁止する仮差し止め命令を
勝ち取ったようです。

Appleが求めた仮差し止め命令が
ドイツの裁判所で認められたという。

販売禁止は、オランダを除くすべての
EU加盟国に適用される。

Appleは、これまでの訴えと同様に、
GALAXY Tabが「iPad」に使用されている技術を
違法に模倣していると主張しています。

販売差し止めですか。
アップルの勝利ですね。

サムスンは、どうするでしょうかね。
スマートフォンでも、アップルとサムスンは
競合しています。

サムスンの正念場です。
新しい、技術を出すしかないですね。

津波予想

気象庁は8日、マグニチュード(M)8超の
巨大地震の場合、第1報では予測される
津波の具体的な高さを示さないようです。

「巨大な津波の恐れ」などの表現で警報を
発表する案をまとめました。

津波の高さの危険性の受け止め方に
個人差があるためで、危機感を前面に出すよう見直すそうです。

東日本大震災では、気象庁は岩手、福島両県で
予測高3メートルの第1報を出し、避難の
遅れにつながったとも指摘されました。

このため、同庁は津波警報の改善に向けて検討。
8日に中間取りまとめを発表しました。

いいと思いますよ。

具体的に出すと、安心する人がいますから。
今回の場合も、津波の予想を信じた人もいます。

堤防で安心した人もいます。
そんなものです。

危機管理をしっかりすべきですね。
予想は予想ですから。

アメリカの国債

アメリカの国債が格下げされました。

日米欧の先進7カ国(G7)財務相らが
8日朝、緊急の電話会議を開催しました。

米国債の格下げや欧州の財政危機を受け、
世界経済の混乱回避に向けた協調行動を議論しました。

会談終了後、野田佳彦財務相は財務省で会見し、
「為替の過度の変動や無秩序な動きに対し緊密に協議し、
適切に協力することを確認した」と述べました。

マーケットの過度の変動に対しては、協調行動を
取ることで一致したことを明らかにしました。

世界のいろいろな国がアメリカの国債を
持っていますから、影響が大きいですね。

日本の国債のランクはよくないですが、
全然、関係はありません。
それは、日本が国債を持っているからです。

でもアメリカの国債は、他の国が持っています。
中国や日本です。
だから大変です。

今後のアメリカの動向に目が離せません。

NY株が乱高下

NY株が乱高下しています。

前日は、500ドル近くも落ちました。
どうなるかなと思いましたが少しあがりました。

5日のニューヨーク株式市場は、大企業で
構成するダウ工業株平均の終値が前日比60.93ドル
(0.54%)高い1万1444.61ドルで終わりました。

朝方には事前予想を上回る米雇用統計が発表されたが、
世界景気に対する投資家の不安は強く、
株価は終日乱高下しました。

7月の米雇用統計が発表された直後、
ダウ平均は170ドルを超える上昇となったようです。

しかしその後は前日終値を挟んで乱高下し、
一時は240ドル超下落。

一日の振れ幅は410ドルに達しました。

米国の景気後退懸念や欧州の財政不安などが
市場の不安材料となっているようです。

投資家もどうしたらよいのか
わからないですね。

全然アメリカがよくなりませんからね。
困りました。
 

介護サービスの利用者

介護サービスの利用者が最高になった
ようです。

昨年度の介護保険サービスの利用者は
492万8200人で、過去最多を更新しました。

前年度より約24万人増加。

10年間で205万人余増え、1.7倍になりました。
厚生労働省が4日、10年度の調査結果を公表。

同省は「高齢化による自然増が要因」とみています。

利用者数は4年続けて増え、過去最多の更新は3年連続です。

2006年度の介護保険制度見直しで、福祉用具の
レンタル利用に制限をかけるなどして
いったんは減ったが、増加傾向は止まらないようです。

介護費用の膨張にもつながっており、利用者の
負担を増やす議論が再燃する可能性もあるそうです。

これだけ、高齢者が多くなると、負担も
大きくなります。
今から、団塊の世代が高齢者になりますので
まだ増えますね。

サポートをどうするのか考える必要が
あります。

中国の高速鉄道

国営通信新華社系の週刊誌「瞭望東方週刊」(電子版)の
記事です。

中国浙江省の高速鉄道事故で、制御系統が日本や
ドイツなど各国技術の寄せ集めで構築されたため
システムが複雑になり、鉄道業界からも、
「完全には使いこなせない」との懸念が出ていたそうです。

こんなの、どこの企業でも知っています。
ハードとソフトは一体で作るものです。

その中に、フェイルセーフやフェイルプルーフのノウハウが
入っています。

各国の寄せ集めで本当によいものはできません。

人命にかかわることは、必ず一社で作るべきです。
そうしないとうまくいきません。

そんなの技術者では誰でも知っています。

中国の役人と技術者のレベルがどのくらいか
わかります。

今回も、ロシアからもらった空母を竣工させました。
これをやっても使えません。
自分たちで空母を1から作らないとだめなのです。

日本は、アメリカから、F15などの戦闘機のライセンス
生産を行っています。
だから、日本独自でも、戦闘機が作れるのですよ。


NYダウが急落

NYダウが急落しました。

2日のニューヨーク株式市場は、大企業で構成する
ダウ工業株平均が前日比で265.87ドル(2.19%)
急落しました。

同日発表された6月の個人消費支出は
1年9カ月ぶりに前月比マイナスとなり、
米経済を引っ張る個人消費が鈍っている
現状が浮き彫りになりました。

米政府の債務不履行(デフォルト)は同日回避されたが、
米国債の格下げの可能性が残っていることも
先行きへの不安要因となっています。

格下げするでしょうか。
見たいですね。

自分の国の格付け会社が自国の国債を
格下げするのでしょうかね。

日本や他の国は、どんどん格下げします。

自国はどうでしょうか。

それにしてもアメリカの景気は
よくならないですね。
新興国の景気も落ちてきました。

困りますね。

円高

円高がすごいです。

1日のニューヨーク市場では円相場が一時、
戦後最高値に迫る1ドル=76円29銭を
つけました。

米政府の債務上限引き上げ協議が決着したが、
円高ドル安と株安には歯止めがかかりません。、

株価も一時、140ドルを超える下落となりました。

米政府が巨額の財政赤字を抱えていることには変わりなく、
借金のために発行した米国債が格下げされるとの
不安が強まっているからです。

不安定ですね。

ヨーロッパも金融不安があります。
新興国の景気も落ちてきまhした。

アメリカの経済もよくありません。
アメリカが悪くなると他の国に
しわ寄せがいきます。

今回は、円高ですね。
それだけ円が強いということですが、
困りますね。

ノキアのスマートフォン

第2・四半期のスマートフォン(多機能携帯端末)の
販売台数は、過去15年トップの座を維持していた
フィンランドのノキアが、米アップルとサムスン電子
の追撃により3位に転落したようです。

アップルは、iPhone、サムソンは、アンドロイド
です。

ノキアは完全に、流れに遅れましたね。

あれだけ、絶対的に強かった携帯電話でも
スマートフォンでは、勝てないのですね。

元々、日本は、ノキアは少なかったですが、
海外では、絶対的にノキアが強かったです。

こんなに、順位が変わるのは、驚きます。

これからも時代の流れを見ておく必要が
あります。


プロフィール

ken

Author:ken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク