FC2ブログ

アメリカの景気

アメリカの景気は少しづつよくなって
いるようですが予断は許さないようです。

米商務省が2010年10~12月期の
実質国内総生産(GDP)の改定値を
25日発表しました。

年率換算で前期比2.8%増となり、
1月末の速報値(3.2%増)から下方修正されました。

米経済は6期連続のプラス成長になっているものの、
緩慢な成長から抜け出せないでいるそうです。

世界のいろいろな情勢ですぐに、指標が
下がりますね。

株価も乱高下します。

昔のアメリカの強さがなくなって
しまいました。

牽引する業界がないですね。


スポンサーサイト



インドがIT情報の開示を断念

インド政府は携帯電話向けを中心とする通信関連設備の
外国メーカーに対し、ソフトウエアの設計図にあたる
「ソースコード」の提出義務づけを検討していました。

この規制を実施しない方針を決めたそうです。

「安全保障上の理由」を掲げていたが、
日米欧の関連業界や政府は「先端技術の流出につながる」と
反対していました。

中国も同じことを言いました。
まだもめていますが。

さすがにインドは民主主義ですね。
断念しました。

確かに、インドは、ソフトウェアが強いですが、
ハードを動かすソフトはまだまだです。

国内の企業を育てたかったのでしょうね。

でも、心臓部ですから、簡単には開示できませんね。


テレビ広告が増加

テレビ広告が増加が増加しているようです。

広告大手の電通が2010年の日本の広告費を
まとめました。

媒体別でみたテレビの広告費が6年ぶりに増加し
前年比1.1%増の1兆7321億円でした。

インターネットも伸びたが、新聞や雑誌は減少が続いており、
広告費全体でみると3年連続の減少となる前年比1.3%減の
5兆8427億円だった。

テレビ広告費は、情報・通信や化粧品、自動車関連企業の
CMが好調だったようです。
今年に入っても積極的にCMを出す企業が目立っており、
電通では「テレビの広告費は底を打った」とみています。

これに対し新聞は落ち込みが止まらず、前年比5.1%減の
6396億円。
雑誌も9.9%減の2733億円、ラジオも5.2%減の
1299億円でした。
企業が新聞や雑誌、ラジオからネットへと、
媒体の比重を移していることが背景にあるようです。

電通がまとめていますので、話半分ですね。
テレビが増えたのではなくて、景気がよくなったのかも
知れません。
1.1%で増加かどうかわかりません。

電通の売り上げはテレビが多いでしょうからね。

やっぱり、インターネットにシフトしていると
思いますよ。

トヨタがインドネシアで生産

トヨタがインドネシアで小型車を
生産するようです。

トヨタ自動車は、インドネシアで新型小型車を
生産する方針を固めました。

インドで発売した新興国向け小型車「エティオス」をベースに
開発し、2013年にも発売します。
価格は100万円前後の見通しです。

トヨタはブラジルやメキシコでも低価格車を現地生産し、
出遅れが指摘される新興国市場での巻き返しを
まざすそうです。

もうアメリカ市場だけというのはやめたほうが
よいですね。

また、リコールがおこります。

アメリカとはそういう国です。

リスク分散はとても重要です。


中国の中東デモの報道

中国で中東デモの報道が規制
されているようです。

中東で政権崩壊をもたらした民主化デモについて、
中国共産党中央宣伝部が2月上旬、国内主要メディアに対し、
「中国と関連づける報道をしてはならない」という
内部文書を出していたことがわかった。
波及に危機感を抱いた当局が情報統制を敷いたとみられます。

中国政府関係者が明らかにした。
文書では、長期独裁政権を続けてきたエジプトやチュニジアの
政治体制と、中国の共産党独裁を結びつけるような報道を禁止。
双方の指導者の名前を並べるような記事も禁じた。
記事で一連のデモの原因が民主化要求や物価上昇への
不満であることに触れたり、「革命」という言葉を
使ったりしないようにも指示されているという。
だそうです。

中国は、こういうことをいつまで続けるのでしょうかね。

そして、デモを規制します。

まだ、経済がそれなりにうまくいっていますが、
不動産の高騰、就職難、経済格差、物価の高騰、
などいろいろあります。

今から、賃金もどんどん上がっていますから、
製造業は、どんどん東南アジアやインドに
シフトしています。

これからどうなるのでしょうかね。


中国の中東デモの報道

中国で中東デモの報道が規制
されているようです。

中東で政権崩壊をもたらした民主化デモについて、
中国共産党中央宣伝部が2月上旬、国内主要メディアに対し、
「中国と関連づける報道をしてはならない」という
内部文書を出していたことがわかった。
波及に危機感を抱いた当局が情報統制を敷いたとみられます。

中国政府関係者が明らかにした。
文書では、長期独裁政権を続けてきたエジプトやチュニジアの
政治体制と、中国の共産党独裁を結びつけるような報道を禁止。
双方の指導者の名前を並べるような記事も禁じた。
記事で一連のデモの原因が民主化要求や物価上昇への
不満であることに触れたり、「革命」という言葉を
使ったりしないようにも指示されているという。
だそうです。

中国は、こういうことをいつまで続けるのでしょうかね。

そして、デモを規制します。

まだ、経済がそれなりにうまくいっていますが、
不動産の高騰、就職難、経済格差、物価の高騰、
などいろいろあります。

今から、賃金もどんどん上がっていますから、
製造業は、どんどん東南アジアやインドに
シフトしています。

これからどうなるのでしょうかね。


鳩山氏の方便問題

鳩山由紀夫前首相は20日、米軍普天間飛行場の
沖縄県内移設の理由に軍事的抑止力を挙げたことを
「方便」だったとした自らの発言について
「宗教では『方便』とは真理を導くための手段」と
釈明したそうです。
北海道伊達市での講演で語ったようです。

鳩山氏は「方便」という表現について「真理、
すなわち普天間を辺野古に移設しなければ
いけないということを決めていて、そこに導くための
手段として、抑止力という考え方を申し上げた」と
説明したようです。

方便発言をしたあとに、こんなに問題が大きくなると
思っていなかったのですね。

釈明しています。

アメリカから、ルーピーといわれるわけです。

こういう人間を民主党の人はどう思って
いるのでしょうかね。
小沢氏、鳩山氏の2人を離党させればよいと
思いますが。

本当に足を引っ張る人です。

南極海調査捕鯨の中断の背景

南極海調査捕鯨の中断の背景に
資金があるようです。

政府は、そんなことはいいませんが。

日本の捕鯨やイルカ漁を「食い物」
(農林水産省幹部)にして、寄付金収入を
増大させてきたシー・シェパード(SS)に
経済的な打撃を与えたいという日本側の隠れた
狙いがあるそうです。

自分たちが、捕鯨を阻止したという、
テレビなどの映像を捏造することで、寄付金が
増加するようです。

そういう人間もいますね。

日本も、数年間、調査捕鯨を中止したり
期間を短くするのも
いいのかも知れません。

どこまでお金が続くかですね。
持久戦になりそうです。


サラリーマン川柳

今年もまた、サラリーマン川柳の
時期です。

毎年、世相を反映した面白いものがあります。
思わず、笑ってしまいました。

第一生命保険は17日、第24回サラリーマン川柳
コンクールの入選100作品を発表しました。
厳しい経済環境を背景に、給料や雇用の状況を嘆く句が
目立ったそうです。

「ランチ代 牛丼価格に 値下げされ」
「何になる? 子供の答えは 正社員」

「ボーナスは メガネかけても 飛び出さず」
「人員が 『ととのいました』と 解雇され」

「命名を 佑樹か遼と 悩む親」
「夢託し 息子に遼と 名前付け」

「見栄で買い 使いこなせぬ 哀フォンだ」
「指舐めて ページをめくる アイパッド」


「イクメンと 乗せられ今や 家事すべて」

「そびえ立つ 妻は我が家の スカイツリー」
「妻からの 視線にほしい 温暖化」

などです。

いろいろありますね。

でも、本当に面白いと思います。

笑ってしまいます。

いかに生活が苦しくても、笑いに変える
日本の文化って、本当にすごいと思います。


インテルのスマートフォン

世界最大のモバイル関連の展示会である
2011 Mobile World Congress(MWC)では、
ARMベースのプロセッサを搭載する携帯電話や
PCが大多数を占めています。

Intelの最高経営責任者(CEO)である
Paul Otellini氏が登壇し、同社の「x86」チップを
話題に取り上げました。

今日のスマートフォンにはARMベースの
チップが搭載されおり、こうしたチップを
提供する企業には、Qualcommや
Texas Instruments、そしておそらくは
Intelが最も懸念するNVIDIAも新たに
加わっているようになるようです。

Intelチップベースのスマートフォンは
2011中になるようです。

世界の半導体メーカーがスマートフォンに
入ってきています。

すごいですね。

今年は、スマートフォンとタブレットですね。

パソコンももう、タブレットに変わるでしょうね。
インテルも必死です。

今後はどうなって行くのでしょうか。

日本郵便が営業赤字

日本郵便が大幅な営業赤字に
なるようです。

日本郵政グループの郵便事業会社(JP日本郵便)は
15日、2011年3月期の営業赤字見通しを
昨年11月時点の1050億円から、
約1180億円に下方修正しました。

同社は理由を明らかにしていないが、
宅配便「ゆうパック」の遅配問題を受けて
お歳暮期の人員を手厚く配置して経費が膨らんだことや、
年賀はがきの販売が予想を下回ったことなどが
原因とみられるそうです。

国民新党が郵政の法案を通すために、
ゆうパックと日本通運の「ペリカン便」との
統合に伴う経費がかさみました。
そして、遅配が起こったので、お客が他社へ
移ったようです。

そして、そのときの亀井大臣が派遣社員を
正社員にするとかいったもんだから、
また経費がかかっています。

馬鹿ですね。

せっかく、郵政改革で黒字になりつつあったのに、
民主党になって、また大幅な赤字です。

もう民主党、国民新党、社民党は必要ないですね。


ワタミ会長都知事選へ

ワタミ会長が都知事選へ出馬するようです。

飲食店チェーンなどを手がけるワタミの
渡辺美樹会長(51)が、4月の東京都知事選に
無所属で立候補する意向を固めました。

15日に記者会見する予定です。

渡辺氏は朝日新聞の取材に「夢を実現できる社会を
つくろうと、昨年12月に決意した。
都民のための行政を行い、東京から政治への信を
取り戻したい」と述べたそうです。

いろいろな人が出馬するのはいいことです。

今の、政治の閉塞感を
破ってほしいですね。

自分のことばっかり考えて
いる政治家が多すぎます。

特に、民主党はだめですね。
自民党より、格段にだめです。

自浄作用のない政党は、政党では
ないと思いますよ。


斎藤佑樹投手

斎藤佑樹投手が ニュースで取り上げられて
います。

プロ野球・日本ハムのドラフト1位の新人、
斎藤佑樹投手が13日、沖縄・名護市営球場で
行われた韓国・サムスンとの練習試合で
プロとして初めて実戦で投げました。

4回に2番手として登板、1イニングを
三者凡退に抑えました。

抑えたことがニュースになります。

よくわかりません。

体もそんなに大きくありません。

球も速いようには見えません。

何がすごいのでしょうか。
野球はよくわからないので、
わかりませんが。

周りが騒ぎすぎるように見えます。

先日のワールドカップやアジア大会での
サッカーの盛り上がりに比べて
野球は地味ですね。

野球も危機感を持っているのかも
しれません。
ルーキーを育てたいのかもしれません。

でも、実力がないとだめですよ。


日本郵便が大量雇い止めへ

日本郵政グループの郵便事業会社(JP日本郵便)は、
約16万人にのぼる非正規社員の一部について、
3月末に切れる契約を更新しない「雇い止め」を
全店規模で実施するそうです。

昨年夏の宅配便「ゆうパック」統合などで巨額の赤字を
抱えたためのようです。

反対に、日本郵便は昨年12月、非正規社員約6500人を
正社員に登用しました。

非正規社員全体の必要な人数は絞り込む一方で、
正社員化は今後も続けるということです。

非正規社員を減らして、正社員を増やすと、
どんどん赤字がかさみます。

どうするのでしょうかね。

赤字なのに、なぜなのでしょうかね。

よくわかりませんが。

どんどん赤字が増えていきますよ。


ビール会社が増益

ビール会社が増益になったようです。

ビール大手4社の2010年12月期連結決算が10日、
出そろいました。

猛暑でお茶などの飲料が売れ、「ハイボール人気」で
ウイスキーも好調。
本業のもうけを示す営業利益は4社とも増えました。

ビール系飲料の国内市場は縮小しており、
低価格の「第3のビール」の新製品も各社の
期待ほど伸びなかったようです。

これを補ったのが、お茶やミネラルウオーターなどの
飲料で、猛暑でよく売れました。
利益率のよいノンアルコールビールやウイスキーも売れ、
営業利益を大きく伸ばしたようです。

結局、本業のビールは、よくなかったのですね。

利益は、伸びても素直に喜べませんね。

これからの課題ですね。


HPがタブレット端末を発表

HPがタブレット端末を発表しました。

Hewlett-Packard(HP)は米国時間2月9日、
登場が長らく待たれていた同社9.7インチタブレット
「TouchPad」を発表しました。

また、HPは、同社OS「webOS」をPCに搭載するという
重大な計画も発表しました。

ヒューレットパッカードは、タブレットに
かけていますね。

アンドロイドでもウィンドウズのOSでも
なく自分の会社のOSをタブレットに
使用しました。

タブレットは、パソコンやノートブックに
変わっていくでしょうから、各社が
必死ですね。

テクノロジーがどんどん進んでいます。

Windows7のタブレット

Windows7のタブレットが発表されました。

Dellは米国時間2月8日、新しい10インチの
「Windows 7」搭載タブレットにより、同社の
タブレット製品を拡大したと発表しました。

同タブレットは、「より高いモバイル性を必要とするユーザーと、
制御、セキュリティ、管理性、および既存のインフラ投資との
統合を求めるIT組織」向けに設計されているということです。

完全な、パソコンやノートブックですね。

タブレットもアンドロイド、アップル、ウィンドウズが
あるのですね。

後は、アプリケーションと使いやすさ、
値段でしょうかね。

どんなものか、中身をみたいですね。
興味があります。



火山灰のついたホウレンソウ

霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)噴火
による火山灰に覆われて大きな被害を
受けた宮崎県都城市産のホウレンソウが、
都城市内のスーパーの店頭に並んでいます。

値段は通常の半額ほどです。

火山灰が少し付いているが、消費者の反応は
上々ということです。

もったいないですよね。

火山灰がついていても、水で流せば普通の
ホウレンソウです。

いいですね。

宮崎は、昨年からいろいろなことが起こりますが
農家の人は頑張ってほしいですね。

他の地域の人も応援しています。
いいことです。


北方領土問題

北方領土問題がどんどん大きくなって
います。

国防相が北方領土を訪問したことに
対して日本政府は、抗議しました。

それに対して、ロシア外務省は5日、
セルジュコフ国防相の4日の北方領土訪問に関して
コメントを発表し、今回も日本政府から
抗議という反応が繰り返されたことに「失望した」と
表明しました。

抗議すべきでなのです。

そして、ロシアとは、資源と経済の協力を
しないことです。

経済協力しなければ、ロシアは困りますから。

将来的には、車も電気になるでしょうから、石油や
天然ガスの使用もどんどん減るでしょう。

ロシアも海外に売るものがなくなれば、北方領土を
売りますよ。
日本は、辛抱しておけばよいのです。


中国の為替操作

米財務省は4日、10月から提出を延期していた
主要貿易国の為替政策についての「外国為替報告書」を
米議会に提出し、中国の為替操作国認定を
見送ったそうです。

約16年ぶりに中国を為替操作国として
認定するかどうかが焦点だったが、人民元切り上げペースが
加速しているなどとして、操作国の認定基準には
あてはまらないと判断したそうです。

アメリカのオバマ政権は、できませんね。

中国から国債を買ってもらわないと
アメリカの経済は、失速します。

もし、認定して、変動相場制になんか
なったら、世界経済は混乱します。

今回は、アピールするだけです。

アメリカの景気も戻ってきていますからね。
そんなものです。

こども手当て

こども手当ての満額支給が
見送られるようです。

菅政権は3日、民主党の看板政策である
子ども手当について、2009年衆院選
マニフェストに掲げた月額2万6千円の
満額支給を断念する方向で調整に入りました。

国民が、反対しているのに
何でこども手当てをおこなうのでしょうかね。

幼稚園や保育園の整備をやった
方がよっぽどお金がかからずに、
成果があります。

本当に、民主党は国民のことを
考えているのでしょうかね。

与謝野大臣が、民主党のマニフェストは
無知だと言ったのは正しいですよ。

撤回しましたが。

間違っていても修正しないのが、
もっと悪いですね。
だから、支持率が下がるのです。


iPad新聞

iPad新聞がでるかも知れません。

「メディア王」ルパート・マードック氏率いる
米ニューズ社と米アップルは2日(日本時間3日未明)、
アップルの携帯型タブレット端末「iPad(アイパッド)」専用の
日刊電子新聞の発刊を発表しました。

紙の新聞は発行せず、板状の新型端末で展開する
事業モデルが成功するかどうかが注目されているようです。

名称は「ザ・デイリー」で、購読料は週99セント
(約80円)です。
米メディアによると、画面は新聞に似ており、
一般、スポーツ、娯楽、ITなどのニュースと
天気予報で構成されます。
高画質の動画や写真を多く使い、その日のニュースを
女性が読み上げる動画もついているようです。

面白いですね。

今までは、紙を補完するためのインターネットでしたが
もう、紙はなくなるのですね。

でも、メリットがあれば、普及するかも知れません。

紙って、ごみになりますから。

iPadだと、どこでも読めるし、ニュースも
音声で聞ければ、車でも聞けます。

これからが楽しみです。


NY株が続伸

NY株が続伸しました。

1日のニューヨーク株式市場は続伸しました。

大企業で構成するダウ工業株平均は
前日比148.23ドル(1.25%)高い
1万2040.16ドルで取引を終えました。

終値が1万2000ドルを超えたのは2008年6月19日以来、
約2年8カ月ぶりです。

米サプライ管理協会(ISM)が発表した1月の
製造業景況指数が2004年5月以来、約7年ぶりの
高い水準となり、米経済への楽観論が広がったための
ようです。

アメリカも回復しているようですね。

エジプトでデモが起こったので、
どうなるかなと思いましたが
あまり影響はないようです。

いいことです。
これで、どんどん上がればよいですね。



iPadが首位

iPadがタブレット市場で首位に
なっていますが前途多難のようです。

Appleの「iPad」は今でもタブレット市場の
トップに君臨するが、その市場シェアは
奪われつつあるようです。

市場調査企業Strategy Analyticsによると、
AppleのiPadの第4四半期の世界における市場シェアは75.3%で、
「Android」搭載端末の21.6%を大きく上回ったということです。

しかしこれは、Appleのシェアが95.5%、Androidは
わずか2.3%だった第3四半期とはかなり異なるものになっています。

Androidがどんどん追い上げています。
アップルのosを開放すればよかったのかも
しれません。

他のメーカーは、グーグルのアンドロイドを
使ってタブレット端末を開発しています。

大手の日本メーカー、韓国メーカーです。
こんなに早く追い上げてくるとは
アップルも思っていなかったでしょうね。

今年は、逆転もあるかもしれません。

でも、端末より、通信の価格を下げて
ほしいですね。

プロフィール

ken

Author:ken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク