北朝鮮

北朝鮮が23日以降行うとしている
核実験場の廃棄を取材するアメリカなどの
メディアが、22日午後、北朝鮮東部の
元山(ウォンサン)に到着したそうです。

元山空港に到着したのは北部・豊渓里
(プンゲリ)にある核実験場の廃棄作業を
取材するために招待されたアメリカや
ロシア、中国などの記者らおよそ20人だそうです。

北朝鮮は当初、外部の専門家も招待すると
していましたが、アメリカCBSテレビに
よりますと、今回、専門家は招待されて
いないということです。
また、イギリスのスカイニュースなどは
安全確認のために持ち込んだ放射能の
線量計を、空港で没収されたそうです。

核実験場までは元山から列車で11時間、
さらにバスで4時間、歩いて1時間かかると
いうことですが、22日夜とされていた
取材陣を乗せた特別列車の出発が天候を理由に
30分前になって突然延期され、その後の
予定は伝えられていないということです。

話半分だと思った方がよいですね。
本当に廃棄をするかわかりませんね。
注意深く見る必要があります。

スポンサーサイト

加計学園問題

加計学園問題をめぐり愛媛県が
新たな文書を提出したそうです。

これによると2015年に加計理事長が
安倍首相と面会し、獣医学部新設の
意向を伝えたということで、
これまでの安倍首相の国会答弁と
食い違っているそうです。

一方、加計学園は21日夜、「理事長が
2015年2月に総理とお会いしたことは
ございません」と、愛媛県の文書の
内容を否定するコメントを発表しているそうです。

どちらが本当でしょうか。

実際に会った加計学園が正しいような気がします。
愛媛県がデータ改ざんなどはないのでしょうかね。

今まで、公務員の改ざん問題が
どんどん出ています。
公文書の偽造で罰則を設けるべきですね。

何が本当かわかりません。

それと加計学園問題は、国民に何が
関係あるのでしょうかね。
もっと重要な問題がたくさんあります。

日大アメフト部

日本大学のアメフト選手が関西学院大学の
選手に悪質なタックルをした問題を受け、
19日、日大アメフト部の内田監督は
監督を辞任することを明らかにしたそうです。

「日本大学アメリカンフットボール部の
監督を辞任いたします。弁解もいたしません。
全てこの一連の問題は私の責任でございます。
誠に申し訳ございません」(日本大学アメフト部 内田正人 監督)
だそうです。

日大アメフト部の内田正人監督は、19日、
関学の鳥内監督やけがをした選手と保護者らに
会い、謝罪したということです。
反則をした選手に「1プレー目で壊してこい」
などと指示したことについては、
今後、文書で関学に回答するとして
明言を避けたそうです。

大学も本人もきちんと説明責任が
ありますね。
そしてタックルをした選手の
発言も聞きたいですね。

どのような経緯でタックルがおこったのか
明らかにする責任があります。


アメリカの輸入制限

アメリカのトランプ政権が日本の
鉄鋼製品などに行っている輸入制限措置に対し、
日本政府は対抗措置をとる準備があることを
WTO=世界貿易機関に通知したそうです。

トランプ政権は今年3月に日本の鉄鋼と
アルミニウム製品に対し、最大25%の
高い関税を課す輸入制限措置を発動しています。

これまで日本は繰り返し除外するよう
求めてきましたが、アメリカ側は応じて
いないそうです。
そのため、日本政府は18日夜、対抗措置を
とる準備があることをWTOに通知したそうです。

対抗措置の規模はアメリカが引き上げた
関税分にあたる500億円程度としていますが、
具体的な品目と方法は示していないそうです。

日本政府は対抗措置をちらつかせることで、
貿易交渉でアメリカ側から譲歩を
引き出す狙いがあるそうです。

対抗措置をやるぞということは重要ですね。
外交は駆け引きですから。


北朝鮮

北朝鮮です。

祖国平和統一委員会の委員長は、
米韓合同軍事演習を理由に韓国との
会談をキャンセルしたことについて
「会談を中止させた重大な事態が
解決されない限り、南の政権と
再び向き合うことは容易に実現しない」と
警告したそうです。

これは、今年1月などに行われた
南北閣僚級会談に北朝鮮側の首席代表として
出席した祖国平和統一委員会・李善権
(リ・ソングォン)委員長が、
朝鮮中央通信の記者の質問に
答えたものだそうです。

その中で李善権委員長は、16日実施予定
だった南北閣僚級会談を、北朝鮮側が
直前に取りやめたことに韓国が
「遺憾の意」を表明したことに触れ、
「会談中止の責任を我々に転嫁しようとしている」
などとと非難。
その上で「会談を中止させた事態が解決
されたない限り、南朝鮮(韓国)と
再び向かい合うことは容易に実現しないだろう」と
警告したそうです。

でも、今までがあまりにもおかしいですね。
これが現実です。
アメリカや日本は、制裁をはげしくすれば
よいと思いますよ。
プロフィール

ken

Author:ken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク